ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ザ・ヴァインズのクレイグxエンパイア・オブ・ザ・サンのニックによるプロジェクト=ホワイト・シャドウズが始動、新曲を公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ザ・ヴァインズのクレイグ・ニコルズとエンパイア・オブ・ザ・サン/プナウのニック・リトルモアによる新プロジェクト、ホワイト・シャドウズが、新曲「ギヴ・アップ・ギヴ・アウト・ギヴ・イン」を公開した。

 2000年代にデビューし、地元オーストラリアを代表するバンドとなったザ・ヴァインズとエンパイア・オブ・ザ・サン。クレイグの歌声と書くメロディーのファンで、長年に渡り一緒にレコーディングを行うことを望んでいたニック。その願いが実現したことによりスタートしたホワイト・シャドウズ。

 出会った数日間のうちにレコーディングを開始した2人が、満を持して発表するのが、「ギヴ・アップ・ギヴ・アウト・ギヴ・イン」だ。ニックとその弟で、Peking DukやParachute Youthらのオーストラリアのバンドとも交流のあるサムによる共同プロデュース作となっており、同曲のオリジナルは、2006年リリースのザ・ヴァインズのシングル「ドント・リッスン・トゥ・ザ・レディオ」のBサイドとしてレコーディングされている。ホワイト・シャドウズは、クレイグとってザ・ヴァンズ以外の初のプロジェクトとなる。

関連記事リンク(外部サイト)

トリオ編成となったザ・ヴァインズ、6thアルバムを9月に日本リリース
自閉症の一種に苦しむヴァインズのシンガー、自宅で逮捕
「ロックンロールを絶やさないために、音楽を続けていきたい」― ザ・ヴァインズ 最新インタビュー

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP