ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

三代目Jリーダーの小林直己 酔うとキス魔になりメンバー襲う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年末にはレコード大賞を受賞、さらに2015年1月28日に発売したアルバム 『PLANET SEVEN』が累計60万枚以上を売り上げ、オリコンアルバムランキングで2週連続1位を記録するなど、現在大ブレイク中の三代目 J Soul Brothers。そのリーダー兼パフォーマーを務めるのが、NAOTO(31才)と小林直己(30才)の2人だ。

 NAOTOはEXILEも兼任している。かわいい顔とワイルドな腹筋のギャップがファンにはたまらない。

 最近ではフジテレビ『バイキング』の火曜MCをTAKAHIROと隔週交代で務めているが、毎回放送終了後には父親からダメ出しLINEが届いてイライラさせられるんだとか。

 高校生のときにダンスを始めたのだが、同時に友人2人とお笑いトリオも組んでいて、本気でどちらの道を選ぶか苦悩したことも…。また駆け出しのころには浜崎あゆみ(36才)や後藤真希(29才)のバックダンサーを務めた経歴も。

 歌も上手で、メンバーでカラオケに行けば、長渕剛(58才)の『乾杯』の歌詞を「乾杯~いま“三代目”は人生の大きな大きな舞台に立ち~」に変えて熱唱するんだそう。

 小林直己も同じくEXILEを兼任。もともとは歌手を夢見ていたのだが、リズム感を身につけるために入ったダンススクールでこの世界に引き込まれたという。

 2012年1月には発達性脊柱管狭窄症のため、約2か月間にわたってパフォーマンスができなかった苦しい時期もあった。

 酔っ払うと“キス魔”になり、メンバーの唇を次々と奪っていく。そのいちばんの被害者はNAOTOだという。

※女性セブン2015年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
遺書 白洲次郎「葬式無用」、植村直己「マッキンリー、登るぞ」
福岡SBホークスの「ハニーズ」が笑顔で通路に走り込んでくる
若き頃の植村直己を知る編集者が植村の知られざる姿綴った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP