ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ダイアモンド☆ユカイ 「うまいコーヒー」探求を続けている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 コンビニのコーヒーが人気となったり、アメリカの『ブルーボトルコーヒー』が日本に上陸したりと、コーヒーに注目が集まっている。芸能界でもコーヒーにこだわりを見せているのが、「全日本コーヒー豆惣菜(総裁)」を名乗るダイアモンド☆ユカイさん。25才からコーヒーにはまっていたが、5年前からは一層こだわるようになった。

「子供が無事に生まれるように願掛けのため断酒をしたら、コーヒーをよく飲むようになった。そんな矢先に出会ったコーヒー店のオヤジが“おいしいコーヒーは豆と焙煎によって変わるんだぞ”って講釈をたれながら淹れてくれたのがすごくうまくて。鮮度が高いコーヒーは、淹れるとふわっと味と香りがふくらむってことも、わかったわけ」(以下「」内ユカイさん)

 そこから“うまいコーヒー”の探求が始まった。

「仕事先で訪れた京都の『スマート珈琲店・太秦店』。ここもやっぱり “焙煎で9割決まる”という。たとえばグアテマラのような酸味のある豆は、浅いと酸っぱいだけになってしまうし、モカのような香りの高いコーヒーは焙煎しすぎると香りが飛んで苦いだけの味になってしまうとか。それに焙煎したてよりも、2~3日たったほうが味も落ち着いてきて、うまくなるっていうのも知りました。

 ブレンドコーヒーに対する考えも変わったね。豆の配合と焙煎具合がきっちり計算されているからこそ、誰からも支持を受ける味になる。ブレンドはコーヒー界のビートルズみたいな存在なんだよ」

 今は大阪の焙煎士がいる専門店、『土居珈琲』でよく豆を取り寄せている。

「ここは研究された農法の生豆を厳選し、注文を受けてから焙煎して調度いいころ合いの時に送ってくれる。朝起きて、その豆をコーヒーミルで挽く。お湯を垂らして気長にドリップする。すべては極上のコーヒーを味わうために…。この儀式が人生をリッチな気分にしてくれるんだよね」

※女性セブン2015年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
コーヒー 1990年代境に体に「悪い」から「良い」の論文増加
日本に進出したハワイの珈琲店 稀少豆を手軽に飲めると人気
コーヒーを1日4杯以上飲む人は死亡率上昇するとの仰天データ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP