ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

国内新車は軽が4割 スズキ「史上最強の軽」に高まる期待感

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 価格や維持費の安さに加え、高性能化が進んだことで「庶民のクルマ」というイメージも薄れつつある軽自動車。昨年は国内の新車販売台数に占める軽の割合がついに4割を突破し、2年連続で過去最大を記録した。

 今年もその人気は健在で、商品力に磨きをかけた“軽スポーツ車”の争いまで起こりそうな兆しを見せている。

 あの史上最強の軽自動車が復活する――。3月に発売予定のスズキ『アルト ターボRS』を待ちわびる声だ。「軽くて速い」を売りに2000年まで市販され、全日本ラリー選手権で優勝したこともあるアルトのターボ仕様車『アルトワークス』の再来として、往年のクルマ好きたちの期待感が高まっているのである。

 アルト自体は1979年に初代タイプが発売され、昨年末に5年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたスズキの主力ブランド。スズキ広報部に聞くと、現8代目までの累計販売台数は485万台(2015年1月現在)に及ぶという。

 しかも、新型アルトにここまで注目が集まっているのは、ハイブリッド車(HV)の最高燃費をも凌ぐ1リットルあたり37.0kmという燃費もさることながら、初代アルトを彷彿させるレトロなデザインが大きな話題となっている点。やはりノスタルジーを感じさせる魅力が満載なのだ。

 自動車ジャーナリストの井元康一郎氏が話す。

「いまの軽自動車はとにかく背を高くして室内空間を広げたデザインのクルマばかりですが、新型アルトは『昔の軽って、こんな小さかったよね』という良い意味での原点回帰をしています。それでいて、内外装に細かな工夫も凝らしているので、これまで軽自動車のデザインに興味のなかったユーザーも、ふと嬉しくなるようなフォルムです」

 さて、この新型アルトに「ターボRS」が加わることになるのだが、スズキはまだターボ車の価格やスペックを明らかにしていない。前出の井元氏はこんな予想をする。

「ベーシックタイプの新型アルトは私も試乗しましたが、先代より60kgの軽量化で600kg台を実現させているため、ミニマムなスペックでも速い印象を受けました。

 ターボRSはおそらくFF(前輪駆動)でも700kg台に収まっているでしょうし、64馬力あればかなり軽快な走りが期待できます。価格は幅広いユーザーが手の届きやすい150万円前後の設定なら、“遊べるクルマ”としては申し分ないでしょう」

 他社ではダイハツが昨年6月に発売した軽オープンスポーツカーの『コペン』が上級クラスで200万円を超え、ホンダが今年4月に発売予定のスポーツカー『S660』も200万円前後の販売価格を想定しているとあって、アルトターボRSのコストパフォーマンスは高いといえる。

 あとは、最上の走りを武器に、クルマ離れが叫ばれる若者たちのハートをいかに射止めることができるかだ。スズキの広報担当者は新型アルトのユーザー評価をこう話し、ターボ車への自信ものぞかせる。

「お客様からは、軽量化による燃費の良さとキビキビとした走り、スタイリングの良さなど、商品に対する評価が非常に高く受注は好調です。また、軽セダンクラスのユーザーは女性が中心ですが、新型アルトの特徴として20~40代の男性ユーザーが増えています」

 ただ、この<キビキビした走り>を極めたターボ車に、いまの若者たちが一斉に飛びつくかは未知数だ。

「それこそ当時アルトワークスに乗っていたような、いま40代以上のオジサンに聞けば『走りがいい=走行性能がいい』と答えるでしょうが、20代の若者たちは『走り=燃費』がクルマ選びの大きな要素。

 もちろんターボRSはアルトワークスに比べたら格段に燃費効率はよくなっていると思います。しかし、それ以上に走りの楽しさをどこまで伝えられるかが、今後の軽市場を占う意味でも重要な戦略といえます」(井元氏)

 いくら好調な軽市場といっても、各社の販売競争が過熱しているうえに、今年の4月からは軽自動車税が7200円から1万800円に増税されるなど逆風が吹きそうな気配も。スポーツ車に代表される軽自動車の「個性」を強調したクルマづくりは今後も活発化しそうだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【東京オートサロン】スズキのハスラー改とノースリーブ美女
【東京オートサロン】日産X-TRAIL改とレッグウォーマー美女
【オートサロン2015】スズキ新アルトターボ改と赤ブーツ美女

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP