ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

巨人原監督 接戦だらけで高校野球的になったのが昨季の敗因

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 リーグ4連覇と日本一奪回に挑む巨人のキャンプに「球界の黄門様」こと金田正一氏がやってきた! ターゲットは指揮官・原辰徳監督だ。原監督が金田氏に昨シーズンの総括を語る。

金田:しかし何年目になるんだ。こうやって原監督にインタビューするのは。

原:今年が監督12年目、コーチを入れると15年目。僕は現役が15年ですから、ちょうど同じ年数です。現役引退後に5年間評論家をした期間がありますから、ユニフォームを着た時の22歳にすべてを足して57歳になります。

金田:もう57か。しかしそう見えないくらい若いよなァ。監督を長くやっていると、気疲れで老けこむもんだが、若返りの危ない薬でも飲んでいるのか?

原:飲んでませんよ(笑い)。こうやって金田さんと野球談義をして、金田さんから逆に若さをいただいているんです。

金田:お世辞をいっても質問は甘くならんぞ(笑い)。さて、リーグ3連覇は果たしたものの、昨年は日本一を逃してしまったことをどう考えとるんだ?

原:非常に屈辱的なシーズンでした。昨年は記念すべき球団創設80周年にもかかわらず、僕の中でもワーストに近いシーズンになってしまった。そのことは秋季キャンプでも選手たちに話しました。キャンプイン前日のミーティングでも、「もう去年のようなシーズンは送りたくない。そのために今年は新しいチームを作り、強い巨人を取り戻そう」と話しました。

金田:敗因は何だ?

原:僕はプロ野球の試合というのは3分の1が大勝、3分の1が大敗、残りの3分の1は接戦になるという持論があります。勝てるゲームはしっかりモノにしたうえで、接戦でいかにこちらに勝利を呼びこめるかが勝負の分かれ目になると考えている。

 ところが昨年は接戦だらけで、まるで高校野球のようだった。ゲームがどっちに転ぶか分からない展開の試合を100以上はやりました。こんなチームを作ったわけではないのにと、どこかで思っていましたね。

 CSで阪神に4連敗した時も、初戦はわずか8球で3点を取られ、追い上げて7回の無死満塁でセペタを出したらゲッツー。こんな野球をしていて日本一になれるわけがないと痛感しました。それで今年はもっと強い、新しいチームを作り上げなくてはいけないと決心したのです。

※週刊ポスト2015年2月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
監督と総裁が特急列車で乗り合わせ誕生した「国鉄スワローズ」
金田正一「親父が怒るから敬遠せん」と監督の指示を拒否した
金田正一 「巨人V9の発端はワシの移籍。異論はないだろう」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP