ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ラオス人 中国人は乱開発し都合悪くなるとすぐ逃げると批判

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人口約650万人の小国・ラオス。中国との国境の街ボーテンにある経済特区では中国企業が大挙し、カジノを中心とした一大歓楽街を建設した。中国国内で賭博は違法のため、本土からギャンブル客が押しかけて治安が悪化した。

 挙げ句、殺人事件の多発で2010年末にカジノが閉鎖されると、中国人は潮が引くように消え、最盛期に1万人以上の中国人が暮らしていた街は瞬く間にゴーストタウンになった。首都ビエンチャンの旅行会社で働くラオス人が嘆く。

「奴らは短期間で乱開発し都合が悪くなるとさっさと逃げる。国力の弱いラオスを馬鹿にしているとしか思えないが、中国に経済を完全に握られているのでどうしようもない」

※SAPIO2015年3月号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国人のために創られたラオスのカジノ街 犯罪頻発で廃墟化
中国の積極進出に「粗悪な製品と中国人がなだれ込む」の声
米大手金融機関 2020年に日本が世界2位のカジノ国になると予測

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP