ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【調査結果】現代の日本人が趣味にかけられるお金は月5,000円に満たない?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現代の日本に生きる我々にとって、ちょっとした驚きの調査結果が出ている。

これは、d-labo(スルガ銀行夢研究所)が全国の20~40代の男女を対象に、趣味に関する調査を行ったものなのだが、毎月趣味にかけられる費用は5,000円未満という人が最多であることが判明したのだ。意外に少ないと思う人、そんなものじゃない?という人、様々かと思うが、趣味を始めるのに立ちはだかる障壁としては、年収500万円未満の人は、「お金が足りない」が最多。逆に500~700万になると、「時間がない」が最多、さらに1000万以上となると、「時間がない」の他に「家族や恋人からのプレッシャー」となるなど、年収によってその障壁理由は大きく異なる模様。

毎月の趣味費用が5,000円未満の人が最多だったにも関わらず、「2個」以上の趣味を持つ人が79%超えという数字が出ているのも興味深い。年収別で趣味の充実具合を聞いてみたところ、「とても充実している」「充実している」の割合はどちらも同じぐらいとなっており、趣味にかけられる費用や内容の違いはあれど、年収の差で充実ぶりに差異はないことがわかる。

ちなみに年収もあって趣味も楽しんでいるという人は、意外にもローンを組んでいる場合が多いことが判明。理由としては、「貯蓄を切り崩したくない」「収支のバランスを考えて」だそうで、ローンを上手に活用し、プライベートの充実を図っているようだ。

■参照リンク
スルガ銀行 Dバンク支店 – d-labo
http://www.d-laboweb.jp/d-bank/

関連記事リンク(外部サイト)

クマにまたがるプーチン大統領のフィギュアが販売 世界中から熱視線【動画】
元AKB48板野友美が黒髪姿の写真を披露 「ぐうかわ」「人形みたい」と絶賛の嵐
広瀬すずの理想の恋人像がなにげに「ハードル高い」とネット上で話題に 涙目ファン続出
犯人につかみかかり車から引きずり降ろし… 強すぎるヤンママに全米が称賛の嵐【動画】
乃木坂46西野七瀬のファン対応に「性格の良さが出る」「ええ子やなぁ」と賞賛の声

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP