ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スープが売切れ次第終了! 時間をかけて煮込んだ煮干しスープの深い味わい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2月14日放送の「王様のブランチ」(TBS系、毎週土曜午前9時30分)で、「いま食べるべき注目店&ラーメン特集」と題して、ラーメン研究家の石山勇人さんとリポーターの福井仁美さん、櫻井ゆりのさんが「らーめん 恵本将裕」(東京都目黒区)を訪れた。

 中目黒駅から徒歩約2分。一行の前に運ばれたのは1日10杯限定の「伊勢海老煮干ラーメン」(950円 税込み)だ。こだわりのスープは、まずシロメ・セグロ・油セグロ・トビウオの4種類の煮干を豚の背油と一緒に6時間かけて煮込み、煮干のうまみが出尽くしたところで、次に昆布と厚く削ったサバ節を加えて1時間煮込む。すると豚の甘みと煮干の深い味わいが詰まったスープが完成する。さらに煮干のうまみを生かすため、オーブンで焼いた伊勢海老を油に移したあと、じっくり2時間かけて素揚げし、伊勢海老の香りとうまみが凝縮した伊勢海老油をラーメンを盛り付けたあと仕上げに加える。

「ガツンと煮干を感じますね」と福井さんがコメント。石山さんは「魚介系食材は、煮出したらすぐ取るんですですが、こちらは煮干を6時間炊いている。一般の料理の常識では考えられない。えぐみが出まくって、えぐみを通り越してうまみに変わっている」と話した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:らーめん 恵本将裕(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:中目黒のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:ラーメン・つけ麺のお店紹介
ぐるなび検索:中目黒×ラーメン・つけ麺のお店一覧
今田耕司おすすめの「チャーメン」にブラマヨ小杉も満足の「ヒーハー!」
パンをこよなく愛する京都が生んだロングセラーのサンドイッチ「カルネ」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP