体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

flumpool史上最大規模となる夏の単独野外ライヴ、第1弾の詳細が発表に!

flumpoolが8月に大泉緑地で開催する自身初の単独野外ライヴ。バンドとしても史上最大規模となるライヴの第1弾詳細が発表された。

flumpool (okmusic UP's)

『flumpool 真夏の野外★LIVE 2015「FOR ROOTS」~オオサカ・フィールズ・フォーエバー~』と冠されたライヴタイトルだが、「FOR ROOTS」には彼ら自身が音楽を始めた当時の自分たちを再認識して、それぞれ個の部分をもっと追求して発信していこうという意味合いに加え、故郷・大阪がこれまでライヴを経験してきた海外のどの都市にも負けないくらい、人情と活気にあふれた世界に誇れる都市になってほしいという今回のライヴの動機からも来ている。さらに、「オオサカ・フィールズ・フォーエバー」には、このライヴに来てくれるみんなと共に創り上げる“空気感=感覚”を永遠に感じていたいと思ってもらえるような、すばらしい空間を創り上げたいという思いが込められているとのこと。

2日間にわたって開催され、1日目の8月8日(土)を“町の色は少し変わっても大泉緑地と言ったらあの緑”という意味を込めて「Day of Green」、2日目を“見上げればいつも思い出すあの空の色”という意味を込めて「Day of Sky」と名付け、それぞれ異なる内容のライヴを行なう。

そのほかにも、青空と太陽の下でライヴをおもいっきり楽しめるスタンディングエリアに加え、ライヴ中は立って観ても座って観てもOKという自身のスタイルで楽しめるシートエリアの設置、日本全国からライヴに来やすいアクセスツアーなどなど、すべての年齢層、家族、さまざまなスタイルのお客さんがライヴを楽しめるようなflumpoolらしい仕掛けがなされている。

なお、flumpool Official fan club「INTERROBANG(インテロバング)」では、チケットの受付が間もなくスタートする。また、新たに公開されたアーティスト写真にも注目だ。

【山村隆太 コメント】
1月12日、松原市の成人式サプライズライブで、今年8月8日と9日の2日間、僕たちの故郷大阪にある大泉緑地にて、flumpoolとして初となる夏の単独野外ライブを開催することを発表しましたが、あれから、1カ月と少し……メンバー・スタッフで会議室に籠りっきりで打ち合わせ。何度まぶしい朝日の中、家路に着いたことか。そう、制作の合間を見つけては全力で進めていましたが、本日予定通り、第一弾詳細発表をさせていただきます! まずは、記念すべきこの野外LIVEのタイトルが決定しました!
↓↓
flumpool 真夏の野外★LIVE 2015「FOR ROOTS」~オオサカ・フィールズ・フォーエバー~

僕らの音楽のより深く熱い部分を伝えていきたい。心臓のような原動力を感じてほしい。そしてこの野外LIVEのために全国から集ってくれる優しい人達が大阪を賑やかにしてくれる、そんな夢のような故郷の景色がみたい! それがこの野外LIVEをやらせてもらおう!と思い立った理由であり、意味合いです。

なので、タイトルには僕らのルーツである大阪、松原の優しい風のしらべ、穏やかな雲の流れに囲まれながらみなさんに全力で音を楽しんでもらいたい!という気持ち。そして自分達が初めて楽器を手にし、無邪気に楽しみながら演奏していた頃から、僕らの身体に脈々と流れている血液のような根底の部分を再認識し、新たな発信をしていきたい!という気持ちを込めさせていただきました。

~オオサカ・フィールズ・フォーエバー~の名のもとに、この2日間LIVEに来てくれる全員が、共に感じ合える温もりや肌触り、空気感や感覚を「ずっと大切にしていたい!」と、そう思えるような素晴らしい空間を一緒に築ければと思っています!

また、8日の初日公演は、「町の色は少し変わっても大泉緑地と言ったらあの緑!」ということで【Day of Green】と題した一日に、そして9日の最終日公演は「見上げればいつも思い出すあの空の色!」ということで【Day of Sky】と題した一日にして、2日間のSETLISTにそれぞれ違った魅力を出していきたいと思っています。

そして更に今回は、小さなお子さんや年配の皆さんも含め、家族連れでも楽しんでもらえるようなライブにしたい!とずっと思っていたので、「スタンディングエリア」後方に、野外LIVEならではの「シートエリア」を作ります!松原出身の僕らを地元の方々にも「あの子達がねえ、こんなに大きくなってねえ、めっちゃええ子達やねー」なんて言われてみたい!という実家に帰った時に生まれる甘え心もありますので、僕らをこれまで温かく見守り続けてくれた松原の優しい諸先輩方にも、是非このエリアを利用してもらえればと思っています。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会