ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

作曲家ユーディ・ワイナーがアメリカ芸術文学アカデミーの会長に

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 アメリカの文学・音楽・芸術の発展に寄与するアメリカ芸術文学アカデミー(American Academy of Arts and Letters)の会長に、ピューリッツァー賞受賞歴のある作曲家、ユーディ・ワイナー(85)が選ばれ、建築家ヘンリー・コブの後任として3年の任期を務めることを同団体が発表した。

 1898年に設立された同アカデミーは、250名の作家/ミュージシャン/アーティストを主要メンバーとし、様々な賞を運営・授与している。ワイナーは1999年にアカデミーの一員に選ばれ、2006年にはピアノ協奏曲「Chiavi in Mano」でピューリッツァー賞を受賞した。

 なお、アメリカ芸術文学アカデミーの会員には、トニ・モリスン(ノーベル文学賞受賞者)、スティーヴン・ソンドハイム(作詞作曲家/グラミー賞/アカデミー賞/トニー賞受賞者)、フィリップ・グラス(作曲家 映画『めぐりあう時間たち』の音楽担当)などがいる。

関連記事リンク(外部サイト)

サラ・オレイン 羽生結弦も演技に使用したオーストラリア出身の歌姫がビルボードライブに登場
Kira Kira アイスランド屈指の才媛が全国9か所で待望のソロ・ツアーを開催
レッドワンのマネージャーが【Hearts for Hope Gala】で栄誉へ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。