ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コンビニでチャージ!プリペイドSIMカード「T-SIM」レビュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MVNOのテレキュート社が提供するプリペイド方式のSIMカード「T-SIM」。SIMパッケージには、SIMカードのほかに追加料金チャージ用のスマートピットカードを同梱しています。このスマートピットカードは、SIM容量を使いきった際に利用するカードを指し、日本国内のコンビニエンスストアでチャージできます。
コンビニでの料金チャージ方式は、海外でよく見かける観光客向けにプリペイドSIMの定番スタイル。
今回筆者が入手したのは、2GBで有効期間30日のmicroSIMタイプ。英語・中国語のマニュアルも用意されているので、訪日外国人でも手軽に設定できる仕様となっています。早速、試してみました。

●T-SIMのプラン
以下のプランが用意されています。

プランT-SIM 2GBプランT-SIM 4GB プランT-SIM 無制限プラン
高速通信容量 2GB
超過時は通信停止 4GB
超過時は通信停止 70MB/日
超過時は200kbps
販売価格
(税込) 3,980円 6,980円 3,980円
追加チャージ 2GB 2,000円 4GB  5,000円 –

●初回登録について

T-SIMパッケージ購入後、SIMでの通信を開始するには、初回登録(アクティベーション)を行う必要があります。
まず、マニュアルに従って端末にSIMを挿入した後、APN設定を行います。

APN設定が完了したら、端末からWebブラウザを立ち上げ、適当なWebサイトを開きます。すると、自動的に開通登録ページに接続されるので、T-SIMを選び [初回開通登録] を選択します。登録画面で、SIMカードのICCID、スマートピットカード裏に記載されたシリアルナンバー等を入力すると通信が可能になります。

●通信速度について
T-SIMはドコモLTEに対応しているSIMカードにつき、最大通信速度は150Mbpsとなっています。しかし、実際の通信速度はどうなのでしょうか。
 今回は、都内で一番人口が密集すると噂されている千代田区の秋葉原中央通り付近で、土日のお昼時にスピードテストを行ってみました。

下りは2Mbps弱とやや遅く感じますが、上りは10Mbpsを超えていました。下り2Mbpsは、データ通信に引っかかりを感じることもありましたが、実際の使用感としてはWebサイトの閲覧も、動画視聴もほとんどストレスなくできました。

●使用量照会

現在どれぐらいの容量が残っているかを確認するには、管理画面にログインし、使用量照会からSIMのMSN(電話番号)とスマートピットカードのシリアルナンバーとIDナンバーを入力します。

消費した容量がリアルタイムで表示されるわけではなく、反映されるまで若干のタイムラグがありました。残量は2GB→1.97GB→1.67GBというように、正確な残容量ではなく、ある一定量になったら表示が更新されているようです。

なお、今回使用したのは2GBプランのため、残高照会は使用できませんでした。

●リチャージについて

容量を使い切ると、どのWebページへアクセスしても管理画面に接続されます。

ちなみに、上記のタイムラグの関係かと思いますが、2GBを使い切ってもしばらくの間は通信が可能でした。今回のプランは2GBでしたが、実測では2.2GB程度通信をした時点でストップ。ちょっとしたボーナスをもらった気分になりました。とはいえ、常に容量以上使えるというものではないので、あくまで参考値ということでご理解ください。

ここで、使用量照会をすると、0GBと表示され、残高を使い切ったことがわかります。

追加料金のチャージは、最寄りのコンビニエンスストアでできます。今回はファミリーマートの店内にあるマルチメディア端末を利用しました。スマートピットカードのカード番号を入力し、レジでの支払い後、すぐに反映されました。しかし、場合によっては、チャージが反映されるまでに時間がかかることもあるので、ご注意ください。

●注意事項(チャージの有効期限)
T-SIMの2GB/4GBプランには、以下のようなチャージの有効期限が設けられています。
・1日~24日の間にデータ通信量の上限に到達、または有効利用期間終了日時を超えた場合、同月の末日までに追加課金(チャージ)が必要。課金しない場合はSIMが無効になる。
・25日~同月末までにデータ通信量の上限に到達、または有効利用期間終了日時を超えた場合、翌月末日までに追加課金(チャージ)が必要。課金しない場合はSIMが無効になる。

※公式サイトより引用:http://www.comst.jp/products/detail.php?product_id=32

●総評・まとめ
他社MVNOのプリペイドSIMと比較して、T-SIMはコンビニチャージなどの手段が充実しています。手軽に素早く使いたいときに活躍してくれそうです。

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP