ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

今年のバレンタインに起きた父と娘のちょっと甘く切ないお話

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月14日のバレンタインデー。日本では片思いの相手にチョコレートを贈る習慣が根付いています。女の子ならば少しそわそわしてしまう今年のバレンタインに、父と娘のこんな物語が生まれていました。

【関連:なぜベストを尽くした……Twitterで2万7千回RTされた日本一有名な手作りチョコ】

 東京に住むTさんは、関西に居る父に二人の子を託し、息子4歳、娘2歳の時から東京で仕事をしています。
「いつか皆で一緒に暮らしたい」そんなことを願いながら。

 しかし子供達が成長するにつれ、子供達には子供達の世界ができ、「友達と離れたくない」という子供達の願い、そして最近めっきり老いが目立つようになったTさんの父であり、子供達にとっては祖父もまた「子供達と離れたくない」と願っていることから、子供達を迎えられる今となっても、東京と関西で離ればなれに暮らす日々が続いています。

 Tさんが子供達に会えるのは、仕事のない週末の月に2度ほど。
そんな帰宅日と重なった今年のバレンタインデー。
前日の金曜に仕事が終わるとすぐさま新幹線に飛び乗りました。
「1時間でも早く子供達の顔が見たい」
そんな気持ちを胸に、遅い時間ようやく実家に帰りついてみると、娘のMちゃんが起きて待っていてくれたそうです。

 しかし、普段とはどこか様子が違い、顔をみるなり「お帰り!!」ではなく、突然バシバシたたかれてしまいます。
その時ふと手元に隠した何かを発見。そこにはバレンタインチョコレートが。

 「自分にくれるのか?」と一瞬喜んだそうですが、実はそのチョコレートは、気になる男の子に贈るものだったそうです。

 その話を聞いたTさんは「自分にくれたら10倍にして返すのに!!!」とつい……。まだ8歳の娘の淡い恋心を知り嬉しい反面、淋しくもあり。
でも父としては、その成長は応援すべきところ。
気を取り直し「がんばれよ!」と励まし、その日は皆で床につきました。

 明けてバレンタイン当日。朝からそわそわする娘のMちゃんからこんな事を頼まれます。
「小学校で渡す予定だからついてきて」

 二人並んで、Tさんの母校であり、今では息子娘らが通う近所の小学校まで歩いて行きました。
たどりついた校庭には、先に家を出た息子の所属する野球クラブの練習風景が。それ以外は、ほとんど人の少ない校庭。

 チョコレートを渡す相手の男の子が来る間、ブランコに腰掛け、二人たわいもないおしゃべりをしたり、野球をする息子達を眺めたりして時間を過ごしたそうです。
途中Tさんは、偶然みかけた同級生と立ち話したりして、少し娘に距離をおきつつ見守ったそうですが……約束の時間がすぎてもその男の子は現れません。
10分たっても、20分たっても。結局1時間待ちましたがその子は現れませんでした。

 Mちゃんと並び帰る道すがら、Mちゃんが「チョコ嫌いなんかなぁ?」とぽつり。
Tさんは、「野球の子もおったし恥ずかしかったんじゃない?それか家の用事で急に来られなかったか?」。ただただそういって慰めることしかできなかったそうです。

 その後二人は、近所の神社にお参りしたり、喫茶店に寄り道したり……久しぶりの父娘二人きりのデートの時間を過ごしました。

 ちなみに渡す予定だったチョコレートは……?二人のお父さん(TさんとMちゃんの祖父)で争奪になり、Mちゃんの祖父が美味しくいただいたそうですよ。でもホワイトデーのお返しはTさんから「10倍返し」のプレゼントを贈る予定だそうです。

※この話は、TさんがFacebookに投稿した日記を元に、許可を得て紹介した実話です。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP