ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音楽の甲子園、閃光ライオットがこの夏「未確認フェスティバル」として始動

DATE:
  • ガジェット通信を≫
音楽の甲子園、閃光ライオットがこの夏「未確認フェスティバル」として始動

「SCHOOL OF LOCK!」が、2008年より開催してきた10代アーティスト限定の音楽の甲子園「閃光ライオット」がこの夏、名前も新たに生まれ変わる。タワーレコード、NTTドコモ、レコチョクで共同展開する新人支援「Eggsプロジェクト」を新たなパートナーに迎え、日本の音楽シーンを揺るがす新プロジェクト「未確認フェスティバル」を始動する。

未確認フェスティバルとは、音楽に夢を重ねる10代のアマチュア・アーティストたちが、夏に開催されるファイナルステージへの出場をかけ、予選を勝ち抜き、しのぎを削る“音楽の甲子園”。 「曲や詩を作ってみた。弾いてみた。歌ってみた。そして誰かに届けたくなった。」 そんな想いを抱く、未だ見ぬ「未完の才能」が全国から集結する、10代限定の夏フェス。

「Eggsプロジェクト」は、インディーズ及び新人アーティストの活動支援を行うプロジェクト。アーティストとファンが集まる「出会い」と「育成」のコミュニティをweb/アプリ上で提供しする。この「Eggsプロジェクト」の中に、「未確認フェスティバル」の特設サイトを設置。応募の受付段階から出場権をかけたWEB審査まで完全連動する。

応募資格は10代であること。スタイルもジャンルも自由で、3月16日より応募受付を開始する。大まかな流れは以下の通り。

1次予選:「デモ音源or映像審査」(2015年3月16日~5月6日締切)
2次予選:「WEB審査・投票」(5月中旬ごろ)
3次予選:「ライブ審査」(7月上旬より、全国のライブハウスで審査)
ファイナルステージ:「未確認フェスティバル」(8月下旬を予定)

詳しくは「SCHOOL OF LOCK!」ウェブサイトまで。

関連リンク

「SCHOOL OF LOCK!」http://www.tfm.co.jp/lock

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。