ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銀座でラーメン店が増加中 客単価1000円超も激戦でレベルup

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 銀座界隈には現在、ラーメン店や中華料理店は100店舗近くあるといわれている。2010年頃からは毎年4~6軒のペースで増え続け、とくに銀座6丁目12番地はその一角だけで5店舗が並ぶ“銀座のラーメンストリート”になった。なぜ高級レストランが軒を連ねる銀座に、大衆料理の代表であるラーメン店が増えたのか。

 ラーメン評論家の大崎裕史氏が言う。

「不景気が長引いたせいで、ここ数年銀座にはテナントの空室が目立っていました。そこに初期投資が安く居抜きでも始められ、長い修業も必要ではないラーメン店が相次いで進出。とくにランチ時の反響が大きかったようです。銀座周辺のサラリーマン、買い物客の〝お金をかけずに美味しいものを〟というニーズに応える形で人気が出ました」

 今では、30年以上続く老舗や、『九州じゃんがら』などのチェーン、そして新たに進出した新興店などがしのぎを削る激戦区になった。とくに競争を激化させているのは新興店。

「銀座の客層は年配のかたや女性が多く、あっさりとした醤油などベーシックな味が人気。その分ごまかしがきかないので、素材の味がカギとなります。新興店のなかにはスープの出汁に高級食材を使うなど素材にこだわり、客単価が1000円を超えるような店も。

 それでも銀座は客が入るんです。中にはミシュランのビブグルマン部門(星はつかないものの、コストパフォーマンスが高く高評価な店)で紹介され、さらに人気に火がついた店もあります。今後もさまざまなラーメン店が進出するでしょうが、同時に競争に敗れて淘汰もされていくので、自然と銀座のラーメン店のレベルが押し上げられていくことになります」(大崎氏)

 競争が銀座のラーメンをさらに美味しくしているのである。

※女性セブン2015年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」
駅ナカラーメン まずいイメージあったが味で勝負する店増加
全国行列のできるラーメン店リスト 福岡には2.5時間の店も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP