ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リアルすぎるけど一体誰得!? 海洋堂のゴキブリやハエのカプセルトイが話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫


 「深海生物」や「神獣根付」、「十二支頭骨根付」などのユニークなカプセルトイでおなじみの海洋堂から現在、クロゴキブリやキンバエなどをリアルに再現した「有害生物大全~身近に潜む生活害虫~」(1回税込300円)が発売中だ。

 種類は上記のほかヒトノミやスズメバチ、ケジラミの全5種で、同社らしいマニアックなラインナップになっている。

 昨年10月、1月下旬から発売することを発表するやいなや、「キンバエ欲しいwwでかいww」「マダニの吸血前/後とかも出ないかな?w」「偽物でも手に乗せるの嫌や」「さすが海洋堂」など、ネット上で話題になっていた。

 早速手に入れた一般のネットユーザーからは、「このキモさ、たまんないっす」「海洋堂のゴキブリのフィギュア、冗談で親父に握らせたらマジビビリ、その反射でまじパンチくらった」など、再現度の高さがうかがえる声が上がった。

 それにしても、人が嫌悪しがちな害虫を、なぜ玩具として発売することにしたのだろうか。その疑問を解消すべく、同社の広報担当者に話を聞いた。

 開発・販売に至った経緯を聞くと、「当社では、以前からカニやイカ、クワガタ、イモムシなどの、生き物に特化した商品を販売してきました。今回の『有害生物大全』もそうですが、どれも『森羅万象のおもしろいモノを詰め込んだ小さな博物館』をコンセプトに掲げており、自然・文化・創造などから、テーマを生き物に絞ったシリーズを展開しているのです。そのため、見た目が美しい生き物だけではなく、忌み嫌われて敬遠されるような生き物にもフォーカスし、模様や造形をお伝えしていきたいと考えております」と話してくれた。

 また、多くの人が拒絶するであろうゴキブリに関しては、次のようにコメントする。

 「ゴキブリのおもちゃは”いたずらグッズ”として昔から親しまれてきました。しかし、触角の位置や色、足の本数が違うなど、造形的に子ども騙しのものしか見受けられなかった印象があり、しっかりとリアルに再現することが重要だと考えました。それにニッチな角度から見ると、実は需要があるのです」

 最後に、「これからも万人ウケするものだけではなく、今までに見たことのない題材を用いて表現の幅を広げていきます。博物館の1シーンとして見ていただければ」と今後について語ってくれた。

■関連リンク
Twitterで拡散された「ガセ情報」
「おっぱい体操」が海外でも話題に
不思議な「しっぽ付き椅子」が評判に

カテゴリー : エンタメ タグ :
Scoopie Newsの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP