ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「にんにく入りコーラ」の開発秘話

DATE:
  • ガジェット通信を≫


青森県三戸郡田子町の「田子町ガーリックセンター」が1月9日に発売した炭酸飲料「ジャッツ タッコーラ」が売れ行き絶好調ということで話題となっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

「ジャッツ タッコーラ」は、田子(たっこ)の名産品であるにんにくを粉末状にしたものをコーラに入れた飲料。にんにくとコーラという組み合わせが話題になり、1年分が発売1カ月半で売り切れという人気ぶりだ。

「田子町ガーリックセンター」自体は、約20年前からある施設。なぜ今回、“にんにく入りコーラ”を製造するにいたったのか? 「田子町ガーリックセンター」の加藤さんに話をうかがった。

「センターにはもともと(にんにくを使った)お菓子類が商品としてあったので、そのお菓子に合う飲み物があったらいいな、と思ったのがきっかけです。でも“ご当地ラムネ”だと、すでにいっぱい(各地から)発売されているし、埋もれるのがイヤだなぁと」

何か飲み物を作りたいという思いは前々からあったものの、味や形態に思慮を重ねていたのだという。その結果、田子町がアメリカで巨大なにんにく加工工場があるギルロイ市と姉妹都市交流があることから、“何かアメリカを感じさせるもの”ということで“コーラ”にたどり着いたのだそう。

斬新な組み合わせだけに、商品化にはさぞ苦労しただろうと思いきや、加藤さんは、「試作は数回」と笑う。「最初(試作として)仕上がってきたものがまとまった味だったので、調整は炭酸の強弱部分を数回した程度」だそうで、構想から半年で発売にこぎつけるスピード展開だった。

味はというと、ツイッター上には、

「タッコーラは・・・コーラの味・・と、やっぱりニンニク」
「ニンニク入りコーラ、タッコーラが話題になってるw この前飲んだけどおいしかったよ。あと味が少しにんにくの味がするコーラって感じ」

などという感想が投稿されている。

なお、「ジャッツ タッコーラ」は人気が集中し、現在同センターおよび当センターの通販サイトでは予約待ちの状態。次の入荷は3月中旬とのことだ。
(R25編集部)

「にんにく入りコーラ」の開発秘話はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

奇妙な「ご当地コーラ」5選
一度は食べたい「ご当地寿司」の味
ご当地「フルーツカレー」10選
ご当地ソフトクリームが食べたい!
にんにく臭についての誤解に注意!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP