ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、「DIGNO S KYL21」のソフトウェアアップデートを開始、Bluetooth接続で再起動する問題に対処

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KDDI は 2 月 17 日、京セラ製 Android スマートフォン「DIGNO S KYL21」の不具合解消のためのソフトウェアアップデートを開始しました。今回のアップデートは、Android 4.0 において Bluetooth 接続を利用すると端末が再起動してしまう現象に対処しています。Bluetooth 機器を利用する方にとってはけっこう重要なアップデートです。更新ファイル(22MB)は端末単体でダウンロードできます(Wi-Fi、3G、LTE)で、DIGNO S の設定メニューを表示後、「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」→「ソフトウェア更新開始」より手動で即時アップデートを実行できます。アップデートにかかる時間は約 10 分で、アップデート後のビルド番号は「022.0.3e02」です。Source : KDDI


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC One M9の壁紙が一部流出
Sony、「SmartEyeglass」のAndroid用コンパニオンアプリをリリース
Galaxy Tab S 2は8インチと9.7インチモデルが存在し、iPad Air 2よりも薄いらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP