体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Wiiで復活のクソゲー『たけしの挑戦状』! タイトー広報「イラッとくる楽しさ」

ガジェ通 デジタル・IT

ファミコンで発売され、特に期待していなかったのにWiiで強引に配信をするという強行に出たタイトーの『たけしの挑戦状』。その難しさ、いや、その不条理さはいまだ多くのゲームが越えることができない大きな壁であり、一説には「そんな壁は誰も越えたくない」と多くのゲーム開発者が思っているという。

そんな『たけしの挑戦状』だが、タイトー社内の人たちはどのように思っているのか? 世間では “伝説のクソゲー” といわれているこの作品だが、まさかつまらないとは思っていないですよね? ということで、タイトーの広報さまに『たけしの挑戦状』の感想を聞いてみた!

記者 実際にプレイしてみていかがでしたか!?
広報 プレイしたことないんですよ。
記者 ええっ!
広報 でも見たことはありますよ!
記者 では、見た感じおもしろそうでしたか?
広報 イラッとしそうな感じでした。
記者 イラッと……。
広報 でも、今ってインターネットにたくさんの攻略情報があるじゃないですか。
記者 ありますね。攻略サイトって個人でも作ってありますもんね。
広報 そういうのを見ながら遊べば楽しそうと思いました!
記者 Wii配信、楽しみにしています!
広報 ありがとうございます!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会