体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

八重桜の花・葉で風味づけをした「桜餅風味ビール」を春限定で発売!ふんわり桜餅風味・かおる

サンクトガーレンが「サンクトガーレン さくら」を2015年2月24日(火)より春限定で発売する。「サンクトガーレン さくら」は桜の花・桜の葉を使用した「桜餅風味ビール」だ。

「サンクトガーレン さくら」に使用されている桜は、長野県伊那市高遠の桜で「天下第一の桜」と称され「さくら名所100選」にも選ばれている。通常ビールは大麦麦芽でつくるが、このビールは大麦麦芽にプラスして小麦麦芽を使用。そのため、柔らかく優しい口当たりに仕上がっている。

「さくら」ビール開発のヒントは桜の飲むお酢だった。しっかりお酢なのに、しっかり桜風味。これは面白いと、試作を繰り返し納得の味に仕上げることが出来たのだ。

ビールの苦味のもとになるホップの使用は抑え、高遠の桜の花びらと葉で風味付けをしている。桜茶などにも使われる食用の八重桜を1回の仕込み(2340L) に60Kg使用している。

「サンクトガーレン さくら」は330ml、全商品クール便送料込でネットで3本2040円で発売している。原材料は麦芽、ホップ、桜で香料などは一切使用していない。
サンクトガーレン http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/sakura/#unit-10816

お花見に利用予定の方はお届けを3月にしたほうが新鮮なビールを楽しむことが出来るとのこと。お花見シーズンにぴったりのビールで春を味わおう!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。