ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【世界の名言】真の果実を自ら味わいたいと思うのが性である

DATE:
  • ガジェット通信を≫

写真提供:Daisuke Taniwaki「南米3カ国周遊

「旅行の真の果実は、ほとんど全ての場所を自宅のように感じることかもしれません」

「禁断の果実には手を出してはいけない」
決して食べてはいけないと言われると、どうしても食べてみたくなるのが人間である。「絶対にのぞかないでくださいね」言われると、どうしても見たくなるのがおじいさんとおばあさんである。「ここにケータイ置いておくけど、絶対に見ないでね」と言われると、つい手に取ってしまうのがカレカノである。「ペン塗り立て」と書いてあると、つい触ってしまうのが思春期である。

つまり、人は気になったことを確かめたくなる性を持っていて、自ら「本当かどうか」を確かめたいという欲求があるようだ。ウクライナには「恋のトンネル」というものがある。オーストラリアには「ヒリアー湖」というピンクの湖がある。マサイ族にはスマホが広まっている…。気になったならば、自ら「本当かどうか」確かめに行けばいい。旅行の真の果実は、きっとそこで味わえる。

(ライター:八木彩香

Photo by:Daisuke Taniwaki「南米3カ国周遊

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP