ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

徳島震度5強もズバリ的中のMEGA地震予測「最新警戒エリア」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月6日午前10時25分、徳島県南部地震が発生。今年初めて震度5以上の揺れを記録した。週刊ポスト1月5日発売号に掲載された東大名誉教授・村井俊治氏による『MEGA地震予測が示した2015年「最警戒エリア」』を読んだ人は「また当たった!」と驚いたことだろう。

 同記事で徳島県は、村井氏が警戒ゾーンとして挙げていた「南海・東南海」に含まれており、特にゾーン内で「異常変動地点」としたのが徳島県の「木屋平」だった。最大震度5強を観測した同県牟岐町からはわずか35キロしか離れていない。
 
 村井氏は自身が顧問を務める民間会社JESEA(地震科学探査機構)が週1回発行するメルマガ『週刊MEGA地震予測』の12月17日号でも、
 
〈(南海・東南海エリアの中でも)特に徳島県で異常変動が顕著でした〉
〈徳島県を中心に、かなりの歪みが蓄積されていると考えられます〉
 
 と、徳島県に警戒を呼びかけていた。同県で震度5以上の地震が発生したのは1946年の南海地震以来69年ぶりだ。
 
 昨年、国内では震度5以上の地震が8回発生した。村井氏はこのすべてをメルマガや週刊ポスト記事で事前に予測、的中させた。中でも、圧巻は11月22日に最大震度6弱を記録した長野県北部地震。特に被害が大きかった北安曇郡白馬村を「異常変動地点」として名指ししていたのである。
 
 そして今年の徳島県南部地震発生で、昨年からの「パーフェクト的中」を更新し続けている。ここまでの実績を誇る地震予測は現時点では他にない。村井氏は、2月16日発売の週刊ポスト(2月27日号)でも、「最新警戒エリア」として、北陸・北信越警戒ゾーン、奥羽山脈警戒ゾーン、北海道十勝・釧路・根室警戒ゾーン、首都圏・東海警戒ゾーン、南海・東南海警戒ゾーン、九州・南西諸島警戒ゾーンの6エリアを挙げて解説している。

■MEGA地震予測とは 
 村井氏が予測に利用しているのは国土地理院が全国約1300か所に配備する「電子基準点」のGPSデータ。2000~2007年に発生した162回のマグニチュード6以上の地震のGPSデータをすべて分析した結果、揺れが大きかった付近の基準点では地震の前に「土地の微細な変動」が観測されていたことが判明。そこで、同氏は1週間の間に基準点がどれだけの上下動があったかに注目し、4センチ以上の変動があった場合を「警戒ライン」とした。
 
 現在は、その基本的な考え方に、地表の隆起・沈降の値を一定期間累積した「累積変位」と、地表が東西南北のどの方向に動いているかの「水平方向の動き」の分析を加味し、過去の地震発生の前兆現象と比較した上で、地震発生の可能性を予測している。

*JESEAでは毎週水曜日にメルマガ『週刊MEGA地震予測』を月額216円で発行している。詳しくはhttp://www.jesea.co.jp/


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
2015年前半 震度5以上の地震警戒すべき南海・東南海エリア
2015年前半 震度5以上を警戒すべきは九州・南西諸島エリア
2015年前半 震度5以上の地震を警戒すべきな奥羽山脈エリア

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP