ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenMod 12 Nightlyが日本語化される、操作ボタンやスワイプアップジェスチャーのカスタマイズも可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 5.0 ベースの「CyanogenMod 12」 Nightly ビルドの日本語への対応が先週のアップデートで大幅に改善されました。また、同時期にナビゲーションボタンやスワイプアップジェスチャーをカスタマイズできる定番の便利機能も移植されました。CyanogenMod 12 は、2 月初旬のリリース時点では日本語への対応は行われておらず、追加機能のほぼすべては英語表示となっていましたが、日本語への対応も進められ、15 日ビルドの Nightly では、ほぼ完全に日本語化されています。日本語化されて機能を理解しやすくなりました。また、CyanogenMod 11 までの定番機能とも言える下部のナビゲーションバー上のボタンを入れ替えたり、再配置すること、さらに、通常はスワイプアップで Google Now しか起動できないところも左右の追加ランチャーでスクリーンショットの撮影やスリープといった他の機能も実行できるようになりました。


(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、新サービス「ディズニーセレクト」と「ディズニーマーケット・オン・ソフトバンク」を2月19日に開始
Android / Windowsのデュアルブートに対応した11.6インチタブレット「Onda V116w」が発売
HTC、「HTC One M9」の名前を公式サイトに掲載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。