ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AKB48チーム8 鳥取で新曲初披露&結成1周年記念コンサート開催発表「客席が埋まるのか不安ですが、1年間の集大成を見てほしい」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月14日【TOYOTA presents AKB48 チーム8全国ツアー~47の素敵な街へ~】鳥取県倉吉未来中心公演が開催された。

AKB48チーム8 キュートなライブ写真一覧

 チーム8とは、AKB48のチームA、K、B、4に続く5つ目のチーム。47都道府県から各都道府県代表1名が選ばれた47人のメンバーで構成される。「会いに行けるアイドル」として活動してきたAKB48の中で、唯一「会いに行くアイドル」をコンセプトにするチームだ。メンバーはそれぞれが代表する都道府県を拠点に、地域に根差した活動を行いながら、
チーム8として全国各地で「会いに行く」活動を行っている。

<チーム8のオリジナル楽曲「挨拶から始めよう」初披露>

 同公演では、チーム8のオリジナル楽曲「挨拶から始めよう」を初披露。この曲は3月4日リリースのAKB48 39枚目のニューシングル『Green Flash』Type-Hのカップリングに収録される、チーム8オリジナル楽曲第4弾となっている。若さ溢れる跳ねたリズムとポップなメロディーに、片想いの甘酸っぱい感情を歌った、チーム8ならではのフレッシュさを全開にしたナンバーだ。

 鳥取コンサートでは、鳥取県代表の中野郁海による曲紹介のあと、出演メンバー16名でパフォーマンス。「挨拶から始めよう」という曲名も未発表だったこともあり、客席からは驚きの声とともに大歓声で迎えられた。『Green Flash』Type-Hには「挨拶から始めよう」のミュージックビデオも収録されるので、そちらも期待してほしい。

<チーム8結成1周年となる2015年4月3日に記念コンサート開催>

 また、コンサート終盤、チーム8結成1周年となる2015年4月3日に記念コンサートを開催することも発表。メンバーにもサプライズでの発表だった為、中野郁海が黒子に渡されたスイッチを押した途端、会場上部に降りてきた垂れ幕に書かれた発表内容には、メンバーもファンも一緒に驚いていた。

 なお、1周年コンサートは、チーム8単独の全国ツアー【TOYOTA presents AKB48 チーム8全国ツアー~47の素敵な街へ~】の一環で、東京のTOKYO DOME CITY HALL(TDC HALL)で開催される。チーム8の全国ツアーでは初となる、チーム8メンバー全員が参加する予定だ(現在、チーム8メンバーは46名)。

(C)AKS

◎AKB48 チーム8結成1周年記念コンサート【TOYOTA presents AKB48 チーム8全国ツアー~47の素敵な街へ~ in 東京】
04月03日(金)TOKYO DOME CITY HALL(TDC HALL)
START 18:00(予定)
出演:AKB48 チーム8全メンバー

◎1周年コンサート メンバーの意気込み

鳥取県代表・中野郁海
1周年で全員でコンサートができるなんて、とても驚いていますし、うれしいです。
しかもTDCホールでできるなんて、びっくりしています。
客席が埋まるのか不安ですが、1年間の集大成を見てほしいので、がんばります。
ぜひ見に来てください!

京都府代表・太田奈緒(※最年長メンバー)
記念すべき1周年にチーム8全員で全国ツアーが決まり、本当に嬉しいです。たくさんの方のお陰です。
1周年のコンサートでは、昨年の4月よりも成長したチーム8を見てもらえるように全員で
頑張っていきたいです。

◎【TOYOTA presents AKB48チーム8全国ツアー】鳥取コンサート参加メンバー
坂口渚沙(北海道)、横山結衣(青森県)、谷川聖(秋田県)、佐藤七海(岩手県)、岡部麟(茨城県)、本田仁美(栃木県)、横道侑里(静岡県)、長久玲奈(福井県)、永野芹佳(大阪府)、太田奈緒(京都府)、山田菜々美(兵庫県)、中野郁海(鳥取県)、人見古都音(岡山県)、下尾みう(山口県)、倉野尾成美(熊本県)、宮里莉羅(沖縄県)

関連記事リンク(外部サイト)

AKB48 柏木由紀&小嶋陽菜Wセンター新曲MV完成 是枝裕和監督「海辺の8人の晴れやかな笑顔は特筆すべき美しさでした」
菅野よう子 東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」コンピ発売決定 高畑充希/西田敏行/イル・ディーヴォ/AKB48など全16ver収録
AKB48 前日の前田敦子に続き大島優子登場 山本彩ら“美あご”メンバーも活躍したリクエストアワー2日目 SKE48ドキュメンタリー映画予告映像も

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP