体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネットで話題の「リーゼントプリウス」から日産の「BBQ」特化車まで珍車集まる『ジャパンキャンピングカーショー2015』行ってきたよ~

リラックスキャビン

ネットに度々目撃情報が投稿され「ナニコレ」「リーゼントプリウス?」と物議をかもし、業界関係者さえも「燃費を意識しているのかしていないのか分からない……」と困惑させているという珍プリウスが、幕張メッセで開催されているアジア最大級のキャンピングカーの祭典『ジャパンキャンピングカーショー2015』(2月16日まで開催)に参加しているというので見に行ってきました。

■ネットでしばしば目撃情報が話題になる通称「リーゼントプリウス」

通称「リーゼントプリウス」と呼ばれる変わった形のこのプリウス。長野にあるかーいんてりあ高橋という会社が販売しているもので、プリウスべースに開発されたハイブリッドキャンピングカー「リラックスキャビン」が正式名。『2012年東京オートサロン』で初披露され、見る者を驚愕もとい困惑させたという伝説の一品です。

リラックスキャビン

このリーゼントプリウスについては、筆者も一応キャンピングカーのオーナーでもあるため、ショップなどの噂で聞いてはいましたが、実際に見るのはこの日が初めて。ワクワクしながらチェックさせていただきました。

リラックスキャビン

説明書きによると、乗車定員は5人に対し就寝は4人。中の仕組みは、上に乗った部分がバンクベット(取っ手を引っ張るとベットになる仕組み)になっていて、就寝時はここに最大2人寝られるようです。そして下段はシートをフラットにすることができ、その状態でさらに2人が就寝可能。シートを全部フラットにした状態で内装をみると、「宇宙ステーション」の中っぽくてなんだかカッコイイ。

リラックスキャビン リラックスキャビン

そして後部からの出入口の脇に、ちょっとした収納棚が。この中には電子レンジや、簡易トイレを設置することが可能。何を設置するかについてはオーダー時調整できると思われるので、荷物置き場や洋服ダンスなどオーナーによって色々工夫ができそうです。
他に後部部分では一応少し立てるスペースがありますが、立って歩き回れるほどでのスペースはありません。
あくまで立てるというレベル。そのため、就寝4人という設定になっていますが、快適性を望むならば1人か2人ぐらいで使うのが丁度いいのかな?という印象を受けました。

お値段

気になるお値段ですが、ベースを持ち込んだ場合には240万(税別)※、本体込みの場合にはグレードにもよりますが最大546万(税別)※になっています。一般の方には少し高いと感じるかもしれませんが、キャンピングカーという「究極の趣味車」の世界ではこれは割とあたりまえ。

しかも一般でよく知られるサイズのキャンピングカーの場合には、だいたい高さ(約3m)、幅(約2m~2m40cm)とあるので、キャンピングカーと別に日常用の車を1台所有するのが常ですが、このリーゼントプリウスの場合には、幅約1m70cm、高さ約2mと一般車と変わりません。普段使いできるという点を考えると、ぐっとお手頃感が増す一品かと思われます。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。