ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

斜め上すぎる!歴史的価値あるニセモノ?をなんと約300点も展示する「大ニセモノ博覧会」開催!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

普通の展覧会は「◯◯の実物を展示」や「本物を公開」などが謳い文句になっていますが、普通とは一味違う展覧会をご紹介します。

国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)で開催される「大ニセモノ博覧会ー贋造と模倣の文化史ー」は、なんと「ニセモノ」を展示。ジュラ紀から現代まで約300点にもおよぶ珠玉の「ニセモノ」と「ホンモノ」が一堂に会します。

「ニセモノ」というと歴史的に価値のある出土品や芸術作品、現代では食品偽装や偽ブランドなどの良くない印象ですが、実は暮らしの中で重要な役割と歴史とを持っています。本展では「ニセモノ」=「悪」、「明と暗」「黒と白」といったステレオタイプな分け方ではなく、「ニセモノ」と「ホンモノ」の微妙な関係を描き出します。「ホンモノ」に対する「ニセモノ」を単に展示するのではなく、「ニセモノ」と「ホンモノ」の複雑な関係が、時代や社会背景によって、どのような原理で振幅してきたのかを明らかにしていきます。

武田家、徳川家康の偽文書や、偽酒の作り方の秘伝書、人魚のミイラ(!)、小判の製作工程を記録した小判所絵図、偽化石などなどジャンル、年代を超えた「ニセモノ」の数々を一挙に展示。織田信長の「ホンモノ」の書は初公開とのこと。

「大ニセモノ博覧会」の魅力的な展示品、数ある中から見どころをいくつかご紹介します。

安南陶器ニセモノ事件
安南陶器はベトナムで作られた陶器の総称で、江戸時代には茶道具として珍重されました。ニセモノの安南陶器を売るため、発掘現場を撮影したビデオまでニセモノ。手の込んだ悪質な詐欺事件でした。

ニセモノの安南陶器(個人蔵)

ニセモノの地域性
ニセモノから読み解く、夢と宴会の世界。書画の収集には地域性があり、「家の格」も誇示されていたことがわかります。書画には所有者が鑑賞するだけでなく「人に見せて自慢する」という役割もありました。

雪舟は山口ではなじみの深い絵師。この掛軸と鑑定書は山口県のある家に保管されていたもの。

伝雪舟「鷹之絵」掛軸(個人蔵)

伝雪舟「鷹之絵」鑑定書(個人蔵)

こちらは兵庫県播州のある家の収集品の一つ、大石内蔵助の書状。赤穂浪士に縁のある土地ですね。

伝大石内蔵助 書状(個人蔵)

こちらも兵庫県播州から。池大雅は日本の江戸時代の文人画家、書家。関西で活躍していました。

伝池大雅「枯林群鳥」屏風(個人蔵)

見世物小屋、錦絵、欧米に輸出された人魚のミイラ
輸出の一大産業だった人魚のミイラ。現存する最新のミイラです!本展ではミイラの作り方も展示されますよ。

人魚のミイラ(国立歴史民俗博物館蔵)

縄文人のイミテーション
現代のファッションにもイミテーションやフェイク素材はたくさん使われていますが、縄文人も「ニセモノ」でおしゃれを楽しんでいたようです。

荻ノ平遺跡腕飾り(栃木県教育委員会蔵)

偽金を作る
元禄小判をモデルに小判所絵図と書物から小判を復元製作。研究のための復元は、本物よりも価値があるニセモノとも言えます。

色付け前後の復元小判(国立歴史民俗博物館蔵)

偽化石
近代科学史上で最大のいかさまとして知られる、捏造された化石人類のピルトダウン人。実は1500年程度の古さのもので、化石ではありません。そもそも、ピルトダウン人なんていないんです。

ピルトダウン人(偽化石)(個人蔵)

「全ての芸術は模倣から始まる」とも言われますし、ホンモノ以上の魅力をもつニセモノに出会えるかもしれませんよ。

画像提供:「大ニセモノ博覧会」 作品画像転、コピー禁止

大ニセモノ博覧会-贋造と模倣の文化史-

開催期間:2015年3月10日(火)~5月6日(水・振)月曜休館
会場:国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B
料金:一般:830円 / 高校生・大学生:450円 /小・中学生:無料
開館時間:9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
※開館日・開館時間を変更する場合があります。
※毎週土曜日は高校生無料。

大ニセモノ博覧会|プレスリリース|歴博の活動|国立歴史民俗博物館

関連記事リンク(外部サイト)

今年は縄文が来る!縄文アートの無料展覧会「ARTs of JOMON」個性派アーティストばかりで堪らないぞ!
コップのフチが爆発だ!コップのフチ子とコラボ「コップのフチの太陽の塔」
和風ベクター素材がぜんぶ無料でダウンロードできる、良質な素材配布サイト「JapanVector」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。