ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クリープハイプ、今春公開映画『脳内ポイズンベリー』主題歌を書き下ろし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在、最新アルバム「一つになれないなら、せめて二つだけでいよう」を引っ提げ、全国ツアー中のロックバンド「クリープハイプ」が、今年5月9日に公開の映画『脳内ポイズンベリー』の主題歌「愛の点滅」を書き下ろしたことが明らかになった。

『脳内ポイズンベリー』は、等身大のアラサー女子が7歳下の男性に恋をし、さらに年上の男性も出現して三角関係に、と、よくあるラブストーリーかと思いきや、主人公の葛藤が、脳内世界につながり、それぞれの役割を持つ脳内メンバーが会議を巻き起こす!という奇想天外な新感覚ラブストーリー。原作は、新しい視点の恋愛ドラマとして話題になった「失恋ショコラティエ」の水城せとな作品で、2010年2月号より集英社「Cocohana」にて現在連載中。

2月14日より、全国東宝系映画館にて90秒の予告映像が放映される予定となっており、現在、『脳内ポイズンベリー』公式サイトでは、映画の最新映像が公開されている。

『脳内ポイズンベリー』公式サイト
http://www.nou-poi.com/

尾崎世界観コメント
頭の中で考えた事を相手に伝えるまでの迷い、不安、期待をしっかり描きたいと思って制作していく中で、登場人物の気持ちの移り変わりを信号に例えました。信号が変わるまでの時間はいつも一緒なのに、自分に余裕が無い時はなかなか変わらないと思ってイライラしてしまうし、逆に自分に余裕がある時は待っていても全然気にならないというのを、相手に対しての気持ちに例えました。
演奏の方は映画が終わった後に、お客さんが気持ちよく席を立てるように、疾走感が出るアレンジを心掛けました。曲が終わるまでは椅子に座っていて欲しいという願いを込めて。

映画情報
『脳内ポイズンベリー』
キャスト:真木よう子 西島秀俊
 古川雄輝 成河 吉田羊 桜田ひより
 神木隆之介 浅野和之
監督:佐藤祐市 脚本:相沢友子 音楽:井筒昭雄
原作:水城せとな「脳内ポイズンベリー」(集英社クイーンズコミックス刊/「Cocohana」連載中)
製作:フジテレビジョン 集英社 東宝 制作プロダクション:FILM 配給:東宝
©水城せとな/集英社 ©2015フジテレビジョン 集英社 東宝
5月9日(土)全国東宝系にて公開

関連リンク

クリープハイプ オフィシャルサイト:http://www.creephyp.com/
クリープハイプ twitterオフィシャルアカウント:https://twitter.com/creephyp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP