ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グラミー賞で4冠のサム・スミス初来日、初の海外プロモーションの場が日本に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「第57回グラミー賞授賞式」にて、「最優秀新人賞」「年間最優秀楽曲賞」「年間最優秀レコード賞」の主要3部門を含む4部門を最多受賞し、“世界が認める実力”の称号を手にし話題を集めている、弱冠22歳のイギリス出身の歌手サム・スミスがデビュー・アルバム「イン・ザ・ロンリー・アワー」のプロモーションのため、2月14日夕方についに初来日を果たした。グラミー賞後はイギリスへは戻らないままLAで過ごしたため、グラミー賞後初の海外プロモーションの場が日本となった。

空港にはサム・スミスを一目見ようと150人のファン/メディアが集まり、サムはサインや写真撮影のリクエストに丁寧に応えた。初めての日本に「こんにちわ、サム・スミスです。たった今日本に到着しました。LAからのフライトは長時間ですごく疲れたけど、日本に来ることができて本当に嬉しいよ!日本でいろんなものをみてみたいし、日本の皆に会うのがすごく楽しみです」とコメント。

2月18日には東京キネマ倶楽部にて、僅か1分でチケットが完売したショウケースが行われる。そのほか、来日中、2月17日放送のNTV系「スッキリ!!」へ生出演し生歌唱するほか、NHKホールで行われる「MUSIC JAPAN」の番組収録に参加し、観客3000人を前にパフォーマンスを披露(その模様は3月1日に放送)。さらに、2月18日にはJ-WAVE「SPARK」の公開録音に参加し、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの今市隆二氏との対談も予定されている。

関連リンク

サム・スミス 日本公式サイトhttp://samsmith.jp

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP