ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

電気で充電はもう古い!?ガスで充電するバッテリーパック わずか3秒でフル状態

DATE:
  • ガジェット通信を≫

モバイルデバイスを肌身離さず持ち歩いている現代人にとっては、同じようにバッテリーパックも欠かせない存在だ。市場では、大きさや形状、性能が異なる、数々の多様なバッテリーが登場している。

ただ、今回紹介する「kraftwerk」は、これまでのバッテリーとはちょっと違う。何といっても、電気で充電するのではなく、ガスを燃料として充電しようというものなのだ。

ガスで充電するバッテリーパック

見た目は、一見すると電気シェーバーのようなボディ。大きさはおよそ10×7.5×3センチで、重さは198グラムほど。小型で持ち歩きしやすいのもメリットだ。なんと、わずか3秒でバッテリーパックの充電が完了する。

フル充電状態のバッテリーパックを用いて、iPhoneなどのスマートフォン、タブレットなど、USBプラグを通じてあらゆる電子デバイスの充電がおこなえる。iPhoneなら11回分の量に相当するという。

補給はライターのリフィルなどで

ガスの補給は、ライターのリフィルやキャンピングガスでおこなえる。これならば、世界中のどこでも入手しやすいため、困ることはないだろう。もちろん、電気が通っていない場所でも使えるし、コンセントの仕様が異なる海外へ出たときにも、まったく気にすることがない点はありがたい。四六時中、バッテリーパックを壁のコンセントにつないでおく、といったような、見慣れた光景から解放されることだろう。

安全面にもきちんと配慮

ガス燃料を使うとなると、安全面が気になる人もいるかもしれない。安全性に配慮した設計になっていて、周囲の環境や天候に関わらず、使用できるようになっている。また、飛行機内の利用についても、国際規定を満たしているため、問題ないという。

Kickstarterで大注目、モンスター級の人気ぶり

現在、資金調達プラットフォームKickstarterでキャンペーンを開催中で、早くも目標額50万ドルをはるかに上回る120万ドルの資金を集めており、脅威の注目度の高さとなっている。気になる人は1度チェックしてみては。

kraftwerk

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP