ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

光コラボで料金が安くなる!ISPとMVNOのオトクな関係

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これまで自宅用のインターネット契約は、NTT東西の「フレッツ光」とISP(インターネットサービスプロバイダー)に、別々に料金を支払っていた方も多いと思います。しかし、この冬からはいわゆる「光コラボレーションモデル」が開始となり、支払い先だけでなく契約やフレッツ光サービスそのものや問い合わせ先などもISPに一本化されます。

MVNOサービスとフレッツ光をセットにした割引き特典を用意するMVNO事業者もあります。今回は注目の光コラボレーションモデルについて解説していきましょう。
光コラボレーションモデルとは、NTT東西からフレッツ光など光アクセスサービスの提供を受けた事業者がフレッツ光などと自社サービスを組み合わせてユーザーへサービスを提供するモデルをいいます。

例えば、IIJは「IIJmioひかり」を開始しました。契約の申し込みからサポート、NTTへの工事依頼などもIIJが一括してやってくれます。そして、MVNOサービスのIIJmio(みおふぉん)のSIMとセットで利用する場合には月額料金が600円割引になります。

また、OCN(NTTコミュニケーションズ)も同様に「OCN 光」を開始しました。こちらも、契約の申し込みからサポート、NTTへの工事依頼などもOCNが一括してやってくれます。そして、MVNOサービスのOCN モバイル ONEのSIMとセットで利用する場合には月額料金がSIM1回線ごとに200円割引になります。

他にも光コラボレーションを提供するMVNOは数多くあります。主要なMVNOが提供するプランをまとめてみました。

サービス名 MVNO 割引特典
OCN 光 OCN モバイル ONE 1回線あたり
200円/月を割引
So-net 光
コラボレーション So-net モバイル LTE 1回線あたり
200円/月を割引
ビッグローブ光 BIGLOBE LTE・3G
(うれスマ) 1回線あたり
200円/月を割引
U-NEXT光 U-mobile
(LTE使い放題プラン) 1回線あたり
500円/月を割引
IIJmioひかり IIJmio
(みおふぉん) SIM契約回線数に関係なく
固定1回線ごとの料金を
600円/月割引

※MVNOの代表的なプランの割引例。他プランの割引もあり。

MVNOの回線数に応じてそれぞれに割引が適用されるものと、IIJmioのように何回線契約していても一律で割引されるものがあります。
※「IIJmioひかり」の割引額は、例えば「みおふぉん」が3回線、「IIJmioひかり」が2回線の場合、割引額は計1,200円となります。
※また、契約にあたり各種条件もあるので、内容をしっかりとご確認ください。

光コラボレーションモデルの利点は料金が安くなるだけではありません。現在、NTT東西のフレッツ光を利用している人であれば、多くの場合、工事が不要。そのままの設備を転用できます。「ひかり電話」の電話番号もそのままで乗り換え可能です。

光コラボレーションモデルの登場により、ISPを再選択する自由度が高くなり、MVNOとISPを揃えることでおトクな割引が受けられるようになりました。

今現在、正式なサービスインを表明している数は少ないですが、すでにNTT東西と契約を締結している企業の合計は51社(公表値)。守秘義務協定を締結し、参入を検討している会社も含めると300社強にのぼるとのこと。

MVNO以外からの参入もこの先あると思いますので、契約内容はよく比較し、固定回線のプロバイダーを決定するのが良さそうです。ひょっとしたら合わせて「格安SIM」、「格安スマホ」の提供も開始する企業もあるかもしれませんね。

関連記事:MVNO各社、「光コラボ」提供開始!その理由と選び方のコツ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP