ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜ「女子旅」は「女子旅行」と呼ばれないのか。その別の目的とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

上原 直「赤のサハラ砂漠縦断 一人モロッコ旅」より

TRiPORTライターのyokoです。
旅と旅行。「行く」が加わるだけの一見同じような言葉ですが、別の言葉です。一体何が違うのでしょうか? 「旅」に行くのは何かを考えたり感じたいとき、「旅行」をするのは行くことに目的があるとき。筆者はそう考えます。

※広辞苑より
【旅】住む土地を離れて、一時他の土地に行くこと。旅行。古くは必ずしも遠い土地へ行くことに限らず、住居を離れることをすべて「たび」と言った。【旅行】徒歩または交通機関によって、おもに観光・慰安などの目的で、他の地方に行くこと。たびをすること。たび。

旅行は「するもの」

トモテラ 「ダルマチア旅行」より

筆者は、「旅より旅行のほうがカジュアルだ」というイメージを持っています。たとえば、卒業旅行・家族旅行・新婚旅行。これらは誰かと一緒に行って何かを楽しんだり、思い出を作るための旅行を表す言葉です。旅行はどこか違う土地へ行って、誰かと何かをする。そこですることに重点が置かれている気がします。思い出を作ったり、特定の場所に行ったり、おいしいものを食べたりする行為自体を楽しむものではないでしょうか。

旅は「感じるもの」

Motoko Birkenheier 「ザ・ウェーブ・世界一の絶景 / The Wave」より

その一方で、どちらかというと旅は、その土地で何かを楽しむというよりも、何かを感じに行くものだと思います。今いる場所から離れて、今後のことを考えたいとき…。または、何かを忘れたいとき、どこかへ行きたいと考えているときに、想像しているものこそ「旅」ではないでしょうか。

女子旅という言葉も、カジュアルな雰囲気を持つものではありますが、単なる旅行とは少し違うような気もします。一緒に行く友達と楽しむ。さらに仲良くなりたいという、「行って何かをする」ことだけではない、別の目的が含まれていると思うのです。

どちらに行きたい?

同じ1泊2日、日帰りだとしても、それが旅行なのか旅なのかで、得られるものや、意味合いが違ってくると思います。何かをするための旅行。何かを感じに行くための旅。もしも今、日常と一線を画したところに行きたいとしたら…あなたは、旅行がしたいですか? それとも、旅がしたいですか? その違いを考えながら、行き先を決めてみてはいかがでしょうか。

(ライター:Yoko Fujie)
Photo by:Motoko Birkenheier 「ザ・ウェーブ・世界一の絶景 / The Wave

関連旅行記はこちら

*上原 直「赤のサハラ砂漠縦断 一人モロッコ旅
*トモテラ 「ダルマチア旅行
*Motoko Birkenheier 「ザ・ウェーブ・世界一の絶景 / The Wave

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP