ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

フジテレビ 安藤優子の新情報番組スタッフ集めはひと苦労

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 この春、各テレビ局では大きな改変が目立つ。めまぐるしい4月改編で各局のキーになるのが「情報番組」だ。なかでも大勝負を仕掛けるのが長く低迷が続くフジテレビ。本誌既報どおり、15年間にわたって『スーパーニュース』(月~金・夕方4時50分~)のメインキャスターを務めた「報道の女王」こと安藤優子(56)を平日午後に新設するワイドショーに移動させる。

 この時間帯は、宮根誠司(51)が司会を務める日本テレビ系の『情報ライブ ミヤネ屋』(月~金・昼1時55分~)が独走を続ける。その牙城を崩すべく、フジは安藤と高橋克実(53)のW司会で勝負に出る。

 新番組名は『直撃LIVE グッディ!』(月~金・昼1時55分~3時50分)に決定。ライバルの『情報ライブ ミヤネ屋』と語呂が似ているのは偶然だろうか。フジ社員の鼻息は荒い。

「TBSの『ひるおび!』が視聴率を伸ばしたように、大きなニュースが相次ぐ最近は、臨機応変に社会ネタを織り交ぜる生放送の重要性が増している。フジの改編は朝の『めざましテレビ』から19時のバラエティ枠までのほとんどを生放送でつなぎ、各番組に勢いをつける狙いがある。社運をかけた総力戦です。

 安藤さんが抜けた『スーパーニュース』は、安定感のある伊藤利尋アナ(42)がメインMCの予定。同僚の中村光宏アナ(30)と結婚したばかりの生野陽子アナ(30)と現場の評価が高い椿原慶子アナ(29)が脇を固める」

 そう聞くと威勢がいいが、現場はてんやわんやの大混乱だという。フジテレビ関係者が明かす。

「鳴り物入りの『グッディ!』に広大なスタッフルームが確保され、他の報道・情報番組のスペースが大幅に縮小した。背中同士がぶつかるほどの狭さにスタッフからクレームが殺到しています。

 それなのに肝心の『グッディ!』はスタッフ集めに苦労しており、ディレクターからアシスタントまで総動員で業界の人間に連絡し、ギャラアップを提示して必死に人をかき集めている。100人規模が必要なのに現時点では約50人しか確保できていません」

 混乱が続く状況に別のフジ社員からは、「戦争末期の旧日本軍はこんな感じだったんだろうね……」との声まで聞こえる。戦況はまだ好転していない。

※週刊ポスト2015年2月27日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジが情報番組司会者一新 社内「今度はうまくいくのでは」
安藤優子氏 バイキングが予想以上の不振で「1年延命」か
安藤優子が昼の番組へ 「今度こそ打倒ミヤネ屋」とフジ幹部

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP