ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「ナンありません」と断言する本格インド料理店がウマすぎると話題 / Puja

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ターラ(ベンガル料理のセット)
1300円

インド料理にナンは欠かせないものと思っていませんか? 確かにインド、バングラデシュ、ネパールなどの南アジアでは、ナンやチャパティなどのパンが愛されています。

・ナンありません
しかしインド東部のベンガル地方では、ナンより米を主食としているといいます。インド料理店『Puja』(プージャー)は、そんなベンガル料理が楽しめる店として、グルメな人たちの間で話題になっています。店頭には「ナンありません」と書かれた張り紙もあります。

・特に「バスモティライス」は最高
このお店、広く分類すればインド料理店ですが、厳密にはベンガル料理店といったほうが正確でしょう。

徹底して、ベンガル地方の味にこだわっているのです。どの料理にもハズレがなく、特に「バスモティライス」の爽やかな風味は最高です。

・ターラを注文するのが定番
『Puja』の定番料理は、あらゆるベンガル料理がセットになったターラ。ダル(豆スープ)、ニラミシュ(野菜料理)、カレー(選べる)、バート(米)、パポル(豆せんべい)、チャトゥニ、ミシュティ(デザート)がセットになっています。

・日本米でもベンガル料理が楽しめる
バートは、100円でバスモティライスにアップグレードできます。インド特有の癒やしの香りがするバスモティライス。

できればアップグレードしたいものですが、そのままでも美味しい日本米でベンガル料理が楽しめます。

・ライスの甘味がブワッとあふれ出す
ターラにはカレーが一種類しかついてきませんが、インドではどんな料理もカレーになりえます。ダルとニラミシュもカレーとして扱い、ライスと一緒に食べてみましょう。

スパイシーでありながら、ライスの甘味がブワッとあふれ出す、ベンガル料理ならではの美味しさを感じられますよ。

・ダブルの食感で香ばしさを演出
パポルもあなどれない美味しさ。完全にパリパリの状態でクリスピーなパポルを出すインド料理店が多いのですが、ここでは若干ソフトな仕上がりになっています。これがもうたまらない!

ふんわりとした食感と、パリパリとした食感、そのダブルの食感で香ばしさを演出します。

・米と混ざって刺激的な旨味
米の横に添えられているチャトゥニも忘れてはなりません。これはトマトや唐辛子を使用したディップで、米に合うのです。もしかすると、カレーよりも米に合うかも!? キュンと引き締まる酸味と辛味が、米と混ざって刺激的な旨味を生みます。

辛いけどウマイ! チャトゥニのために、バスモティライスをおかわりしたくなるほどです。最後のシメは、濃厚なミルク感がたまらな、極甘スイーツを召し上がれ。スパイシーな料理のあとにピッタリです。

・本格的なベンガル料理を体験
『Puja』は雰囲気もよくて、ゆったりできるお店です。本格的なベンガル料理を体験したいならば、ここに行くしかないのではないでしょうか?

Puja
住所: 東京都荒川区町屋3-2-1 ライオンズプラザ町屋 B1F
時間: 11:50~14:00 17:30~22:30
休日:
ルート: 町屋駅から徒歩約5分
記事: 東京メインディッシュ http://main-dish.com/2015/02/15/puja/
Via: Puja

カテゴリー : グルメ タグ :
東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP