ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新ラーメン激戦区銀座の人気店 懐石のお椀イメージの一杯

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昼はブランドショップやハイクラスな飲食店がひしめき、日本一高級な繁華街としても知られる銀座。だが、最近では新ラーメン激戦区として各地の実力店、有名店の開店ラッシュが続いている。

 1店目は麺処 銀笹(ぎんざさ)。割烹などで18年間修業を重ねた主人が、もっと気軽に懐石の“お椀”を楽しんでもらいたいとラーメン店を開店。鰹節や煮干しなどの魚介系スープと鶏ガラ、豚骨の動物系を合わせたスープから油分を徹底的に取り、繊細でスッキリながら深みのあるスープが完成した。

 修業先の店で人気の「鯛茶漬け」もメニューに並べたいと、炊き込み鯛めしの上にラーメンのスープをかける鯛茶漬けを考案。注ぎやすいように器も特注するこだわりよう。銀座ゆえに年配客でも入りやすく、女性の常連が多いのも特徴だ。

「自称・日本一ラーメンを食べた男」として知られるラーメン評論家・大崎裕史氏は同店をこう評価する。

「銀座のはずれに隠れ家的に存在しているお店。和食出身の主人が作る繊細なスープで、土曜は早めに売り切れてしまうことも。他にはない、ウリの鯛めしはぜひ食べてもらいたい」

【銀笹塩ラーメン 850円】

住所:東京都中央区銀座8-15-2フジビル1F
営業時間:11時半~15時 17時半~22時
休業日:日曜、祝日
※スープ切れ次第終了

 2店目は銀座 篝(かがり)。ラーメン店で修業せず、和食、フレンチでの豊富な経験を持つ店主のこだわりが詰まっている。鹿児島の桜島どりの鶏ガラを煮込んで作られたスープは非常に濃厚。京野菜を使った具材は季節によって変わり、この季節は筍、菜の花、かいわれがのる。トッピングにはエシャロットバターなどもあり、味に幅が出せる。連日長蛇の行列ができ、過去には3時間待ちもあったほどの人気店だ。

 大崎氏はここに注目する。

「鶏白湯スープはクリーミーで濃厚、コラーゲンたっぷりだが、仕込みが丁寧でサラリと飲み干せる。京野菜を具材に使うなど女性客を取り込む工夫も凝らしている」

【鶏白湯SOBA  880円】
住所:東京都中央区銀座4-4-1 銀座Aビル1F
営業時間:(月~金)11時~15時半、17時半~22時半
(土祝)11時~15時半、17時半~21時 無休

※女性セブン2015年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」
菅総理が10年通う国会議員行きつけの永田町ラーメン
大阪の人気店で1日限定15食 カレー風味の冷やしラーメン

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。