ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「フジTVはコネ入社以外は美男美女揃い(笑)」と長谷川豊氏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月8日、中村光宏アナ(30才)と生野陽子アナ(30才)の結婚披露宴が行われた。中村アナの元カノで、生野アナのライバル・加藤綾子アナ(29才)が出席するか否かが注目されたが、加藤アナも含めてアナウンサーは全員出席。

 フジテレビは他局に比べて、職場恋愛も職場結婚も多い。そもそも、慣習的にフジテレビに職場恋愛が多いことには、理由がある。元フジテレビアナウンサーの長谷川豊氏が解説する。

「単純明快な話で、男女問わず、魅力的な人間が多いからです。フジに入社する人間って、明るくてさわやかで真っ直ぐで、本当に気持ちのいい人間ばかりなんです。コネ入社以外は、みんな美男美女揃いですから(笑い)。

 もうひとつは、社員の将来性でしょう。これはキー局全体にいえることですが、他の業界と違って、潰れる心配がまずない。管轄の総務省が消滅するようなことでもない限り、会社は存続します。しかも、その安定性に加えて収入も高い。結婚相手の職業としては理想的なんです」

 性格よし、将来性抜群、しかもイケメン&美女…。そんな人間ばかりの環境であれば、色恋沙汰が頻発するのは当たり前なのかもしれない。また、そうした人柄のよさゆえだろうか、フジテレビは局員同士の結びつきが強い。別のフジテレビ関係者がこう証言する。

「とりわけ、アナウンス室はいつの時代も、基本的にみんな仲よしなんです。中村くんとショーパンなんか、アナウンス室一同が長いこと見守ってきたカップルで、くっついたり離れたり、そのたびに、みんなでお互いを励まして来たくらいです。あのふたりが結婚することになったのであれば、アナウンス室の全員参加は、当然のことなんです」

 こうした同僚たちの結びつきの強さが、カトパンの出席を“義務づけた”面があったようだ。

「元カレとはいえ、中村くんはカトパンにとって『めざまし』を一緒にやっている先輩ですからね。全員参加が当然というなかで、自分だけが参加しなかったら大ひんしゅくを買うし、メディアにも“カトパン来ず!”とか書き立てられるに決まってます。カトパンは行かざるを得ない状況になっていたんです。

 ただ、彼女にとっても参加したことで、“私は全然悔しくないですけど?”というアピールになったわけで、プラスの面も大きかったですね」(別のフジテレビ関係者)

※女性セブン2015年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
チノパン 背中のぱっくり開いた黒のドレス姿でセレブ感満載
戸部洋子&森本さやかアナの結婚披露宴“勝負服”2ショット
フジ西山喜久恵アナ 酒席で仕事の話一切せず後輩から大好評

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP