ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【2015年中に行かないと一生後悔してしまう築地の名店】センリ軒のクリームシチュー

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東京・築地といえば日本全国の誰もが知る巨大市場。築地場内や場外は築地で働く人たちは食材を見る目や味わう舌が肥えているため、おいしいお店がたくさん存在する。

しかし築地の場内は2016年に移転が決定しており、現在の場内のお店はこのタイミングで無くなってしまう。つまり今の雰囲気で味わう事は二度とできない、築地場内はまさに今年ラストイヤーという非常に悲しい状況なのだ。

今回は2015年中に行っておかないと一生後悔してしまうだろう、築地の名店「センリ軒」を紹介したい。

こちらは日本橋に魚河岸があった大正初期、ミルクホール『千里軒』として創業。大正12年の関東大震災後、魚河岸とともに築地に移転し、現在に至っているという老舗の喫茶店なのだ。

喫茶店というだけあっていろいろなメニューがあるのだが、寒い冬に非常にオススメなのがクリームシチューなのだ。

・ハーフでも1人前
こちらのクリームシチューは築地で働く人達のパワーの源とも言える味。寒い冬の朝に、具が溶けてしまうほど煮込まれた暖かいクリームシチューを味わえるのはたまらない。ハーフサイズでも1人前は十分にある、アツアツでトロットロのクリームシチューを味わえば、寒さなど吹き飛んでしまうほどのウマさなのだ。

・トーストをつけて美味しく召し上がれ
こちらのクリームシチューはセットにするとサラダとマーガリンがたっぷりと塗られたトーストそして飲み物がついてくる。そのトーストをクリームシチューに浸して食べてみてもらいたい。暖かくて優しいクリームシチューの先に、香ばしいくてサックリとしたトーストが最高に合うのだ。

・半熟玉子がさらに嬉しい
さらに素晴らしいのが半熟玉子。そのままでも美味しいクリームシチューに半熟玉子をトッピングすると……野菜のウマミに半熟玉子のコッテリとした妖艶ともいえる甘みがベストマッチする。これは自宅でも試したくなる、そんな美味しい組み合わせなのだ。

・出来立てのカツサンドも魅力
こちらのカツサンドは以前にもご紹介したが、非常にケチャップ味のきいた分厚いヒレカツサンド。野菜を挟んでおらず、パンとカツのみで勝負する非常にシンプルなスタイルの出来立てカツサンドは非常に美味。パンの甘みとカツのウマミ、そしてソースの味わいをしっかりと味わえる美味しいヒレカツサンドはお持ち帰りも可能だ。

もし築地場内グルメを食べに行く、という事があれば、場内のお店にあって落ち着く事ができる築地場内カフェにも注目してみてはいかがだろうか?

築地で働く皆さんが一仕事終えてゆっくりとしている場内のカフェは、朝からその日の築地市場の終わりを感じる事ができる、そんな場所なのだ。

一日の始まりに、一日の終わりを感じる事ができるカフェ。そんな場所で優しく暖かいクリームシチューを堪能することができる、そんな幸せな時間を感じられるのも、もしかしたらあと1年しかないのかもしれない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 センリ軒 (センリケン)
場所 東京都中央区築地5-2-1 築地市場 8号館
営業時間 4:00~12:30
定休日 日曜・祝日・不定休(築地市場に準ずる)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP