ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

歩くだけで3か月・3kg減 内臓脂肪減少や骨粗鬆症予防にも

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ランニングが空前のブームになっているが、過度な運動に体がついていかなかったり、膝の痛みを感じてしまったりする方も少なくないよう。そんな方は、まずウォーキングから初めてみては?

 内科医で東京山手メディカルセンターの西田潤子・健康管理センター長は、ウォーキングによる医学的効果を研究し、普及活動に従事している。

「糖尿病や高血圧、肥満などの生活習慣病は、今よりできるだけ多く歩くだけで改善します。まずはプラス10分、1日1000歩多く歩いてみましょう。食事制限をしなくても、歩くだけで、3か月で3kgやせて、内臓脂肪が減ったかたも。さらに、40代女性は骨粗鬆症の予防にもなります。

 続けるポイントは無理をしないこと。疲れている日は休んで構わないので、歩けるときは少しでも多く歩いてみて。その際、1日5000歩未満の人は約3か月後に歩数を倍に、1日5000歩以上の人は約3か月後に1万歩になるよう多く歩いてみましょう」(西田さん)

「歩くと血行が良くなるので、体の冷え改善に効果的。骨粗鬆症や高血圧、高脂血症、脂肪肝、痛風なども改善」(西田さん)

「現在、要支援者の約5分の1が関節疾患によるもの。なかでも変形性膝関節症の患者数は50才以上で700万人、潜在患者を含めると2000万人以上もいるといわれ、45才頃から急増します。特に筋力が少なく、中年太りしやすい女性に多いのも特徴です。

 膝は長年使い続けると、関節の間でクッションの役割をしている軟骨がすり減り、膝に痛みが生じます。特に体重が重いと膝に負担がかかり、一度すり減った軟骨は元に戻りません。そこで、人工関節などの手術が必要になる前に、ウォーキングなどによる減量が大切。また、太ももの筋肉を鍛えると膝の痛みを緩和できます」(田代さん)

※女性セブン2015年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【ジョーク】ウォール街を占拠するデモ隊とオバマのやりとり
22歳雑誌モデルの産後ダイエット 10か月で26キロ落した方法
萬田久子 透け透け衣装で登場し「これぞ大人の色香」と納得

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP