ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イケメン俳優揃いの大河『花燃ゆ』に20代歴女「目の保養だ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 安倍晋三・首相が「吉田松陰先生の妹さんが主人公です!」とPRしまくった『花燃ゆ』だが、視聴率は低空飛行を続けている。初回視聴率16.7%(関東地区)は、大河ドラマ史上ワースト3位の低さ。第5話(2月1日放送)は、12.8%と最低視聴率を更新してしまった。

 しかし、一部の「歴女」と呼ばれる女性歴史ファンからは「たまらないキャスティング」(都内在住の20代OL)との声も聞こえる。長州藩の誇る「維新の英雄」を当代きってのイケメン俳優たちが演じているからだ。

 井上真央演じるヒロイン・杉文の兄で、維新志士の理論的指導者であった吉田松陰は伊勢谷友介が演じる。松下村塾に学び、後に「維新の三傑」と称された桂小五郎(木戸孝允)として東山紀之の登場も予定されている。

 若手のホープも勢揃いだ。松下村塾の塾生で、奇兵隊を率いた高杉晋作は高良健吾、ヒロイン・文の最初の夫となる久坂玄瑞は女優の杏と結婚したばかりの東出昌大。「これほど目の保養になる豪華な大河はなかなかない」(同前)と絶賛するのも頷ける。

※週刊ポスト2015年2月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
『八重の桜』挽回へ綾瀬はるかが会津のグルメ食べよとの提言
「実際の自分も振り回すほう」という向井理に女性ファン悲鳴
不仲説出た朝ドラ共演・吉高&仲間 実はメールで連絡する仲

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。