ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

レベルファイブ『レイトン教授vs逆転裁判』を発表 機種はニンテンドー3DS

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
レイトン教授vs逆転裁判

本日五反田のゆうぽうとホールにて『LEVEL5 VISION 2010』が行われた。このイベントでは既に発表されている作品のほか本日はじめて発表される作品もお披露目される。レベルファイブと言えばドラゴンクエスト8、ドラゴンクエスト9の開発でもお馴染みのほか、レイトン教授シリーズやイナズマイレブンシリーズとメガヒットを飛ばしまくっている勢いのあるメーカーだ。

――『二ノ国』は対戦が熱い
そんなレベルファイブが本日最初に発表したのは『ニンテンドーDS』にて12月9日発売予定の『二ノ国』だ。こちらは実際にスタジオジブリがアニメーションを手がけており音楽は久石譲氏とかなり力の入った作品になっている。またゲームにはマジックマスターという本もついてきてその本に書かれている手がかりをヒントに攻略しなくてはいけない。
本日は実際に攻略方法を実演してくれる場面もあったほか、イマージェン同士の対決の様子も見せてくれた。イマージェンというのは魔物をイマージェンとして仲間に出来るシステムだ。
本格RPGでもあるが、こういった対戦もかなり力を入れて作られているとのこと。既にマスターアップしておりあとは発売を待つだけとなっている。

二ノ国 二ノ国 マジックマスター トトロ?

――レイトン教授と奇跡の仮面
レイトン教授最新作は『ニンテンドー3DS』だ。今まで2Dだったキャラクターが3Dで描かれており、さらに立体視により飛び出す映像も楽しむことが出来る。今回は特別に実機をその場で動かしてプレイする様子を見ることが出来た。さすが『ニンテンドー3DS』。町の人まで細かく3Dポリゴンで描かれており、今までの『ニンテンドーDS』では力不足だったことを簡単に表現してしまっている。これはレイトンファンにはたまらない作品になりそうだ。またテーマ曲は松任谷由実が手がける。
ナゾ365日配信が行われ毎日ナゾが配信されてくるとのことだ。こちら2011年春発売予定。

松任谷由実 レイトン役の大泉洋 ルーク役の堀北真希 レイトン教授と奇跡の仮面

――「アタマニア」ファン最新作『MISTERY ROOM』
レベルファイブ「アタマニア」最新作『MISTERY ROOM』が発表された。これは東京ゲームショウでも既に映像出展されていたタイトル。こちらのタイトルは「アタマニア」で初の原作のないオリジナル作品となる。また音楽はなんと聞いて驚く無かれ、あのイースやアクトレイザーでおなじみの古代祐三氏が担当。これだけでも記者は欲しくなってしまった。

MISTERY ROOM 古代祐三

――イシイジロウ氏が手がける『タイムトラベラーズ』
イシイジロウ氏がレベルファイブに移籍して初めての作品となるこの『タイムトラベラーズ』。機種は『ニンテンドー3DS』でイシイジロウ氏曰く「実機による物をキャプチャーしたもの」だという。かなり綺麗な仕上がりになっていた。しかしデモ映像を流れただけで詳細な概要やゲームのシステムは公開されず。発売日も未定となっており遊べるのはまだ先になりそうだ。

タイムトラベラーズ イシイタロウシ タイムトラベラーズ

――植松伸夫、天野喜孝コンビのRPG『ファンタジーライフ』
植松伸夫と天野喜孝と言えば何を思い浮かべるだろうか? そう『ファイナルファンタジー』シリーズだ。そんな二人が音楽とイラストを手がけている本作『ファンタジーライフ』だ。また開発はRPG開発に定評のあるブラウニーブラウンが担当。機種はもちろん『ニンテンドー3DS』だ。こちらも詳細は触れられず。

タイムトラベラーズ

――噂のコラボ『レイトン教授vs逆転裁判』 タクシューも登場
Twitterの発言から噂になっていた『レイトン教授vs逆転裁判』がついに本日発表された。アニメーションの映像のみだが、両作の良いところを掛け合わせた凄い作品にしたい、としている。また逆転裁判のプロデューサーの巧舟氏も登場し今回のコラボについてコメント。「人前に出ることはなくこのような発表会に出るのは、ほぼはじめてなのですがそれがカプコンではなくレベルファイブさんの発表会だったとは。5作目を作らずにこんなことをやっていて良いのかと(笑)」と語っていた。
こちらも『ニンテンドー3DS』での発売となる。

レイトン教授vs逆転裁判 アニメーション タクシューこと巧舟

今からワクワクが止まらない作品ばかりだ。このほかにも『イナズマイレブン』や『キャバ嬢っぴ』などの発表もあったがそれば別の記事で紹介したい。

記者のTwitterをフォローする

※イベントの動画準備中

■関連記事
行方不明になっていた2ちゃんねるの有名アイドル“ぼっさん”の書き込みを確認! 本当に本人なのか?
好きな子にメールを送っても返ってこない! そんなときの行動「センター問い合わせ」「相手のブログをのぞく」
F1韓国GP開催直前なのにコースはまだ未完成だった 人工芝を植える始末
日本の大規模尖閣デモを完全スルーしたマスコミ達 「中国の反日デモは大々的に報道するよ!」
若い者よ聞け!昔のインターネットはこんなんだったんだぞ! という懐かしい話

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。