ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

シーナ&ロケッツのシーナが子宮頸がんで死去 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シーナ&ロケッツのボーカル、シーナが14日朝、子宮頸がんのため、東京都内の病院で亡くなった。

シーナは昨年7月、体調不良のためラジオやライブ出演を取りやめるなどしていたが、8月にはステージに復帰。9月13日には日比谷野音にて開催された、シナロケの35周年ライブに出演した。しかし、同公演は体調が悪いことを伏せてステージに上がっていたという。

シーナ&ロケッツはシーナが71年にサンハウスのギタリストだった夫である鮎川誠のバンドに加わるかたちで結成。78年にシングル「涙のハイウェイ」でデビューを果たした。以来ライブを中心とした活動を続け、その存在は日本を代表するロックバンドであることはもちろん、日本の音楽シーンにロックを根付かせたバンドのひとつだと言える。

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
シーナ&ロケッツ オフィシャルHP
シーナ&ロケッツ、35年間の軌跡を凝縮した新曲MVを公開!

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP