ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「WiMAX遅すぎて使えねぇ!」と激怒している人に徹底解説! 解約か220Mbps対応ルーターにせよ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年2月12日より、『WiMAX2+』の高速化にともない、従来の『WiMAX』の最大ダウンロード速度が13Mbpsに低下しました(地域ごとに順次低下中のようです)。今まで『WiMAX2+』のダウンロード最大速度は110Mbpsでしたが、それが220Mbpsになりました。

・『WiMAX』は遅くなって不便になりました
『WiMAX』の速度が下がって、『WiMAX2+』の速度が上がったことになります。でも、『WiMAX2+』ルーターを持っているからといって、喜べる状況ではありません。

・従来の『WiMAX2+』ルーターは220Mbps未対応
従来の『WiMAX2+』ルーターは、220Mbpsには対応していないのです。もちろん『WiMAX』ルーターも220Mbpsに対応していませんし、むしろ速度が低下して使いにくくなっています。現在、ざっくり分類すると以下の4種類のルーターが存在します。

・現在使われている4種類のルーター
A『WiMAX』だけ対応のルーター
B『WiMAX』と『WiMAX2+』に対応のルーター
C『WiMAX』と『WiMAX2+』220Mbpsに対応のルーター
D『WiMAX2+』220Mbpsだけ対応のルーター
※4G(LTE)電波機能に関しては割愛しています

・あなたのルーターはどれ?
今までのルーターは、AとBしかありませんでした。今回の『WiMAX2+』220Mbps化の恩恵を受けるには、CかDのルーターを購入(または新規契約)する必要があります。

・220Mbpsの恩恵を受けないのはもったいない
現在、220Mbps未対応の『WiMAX』や『WiMAX2+』を使用している人は、解約して他社の通信サービスに乗り換えるか、220Mbps対応の『WiMAX2+』ルーターに変更するべきです。『WiMAX』しか使えないルーターの人は、運営が無料で『WiMAX2+』にするサービスを実施しているので、それを使うのも手ですね。

詳細を読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/02/14/wimax2/
Via: WiMAX

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP