ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

御伽ねこむ起用! 本屋 天狼院書店が映画/舞台を制作 

DATE:
  • ガジェット通信を≫


世界で一番美しい死体~天狼院殺人事件~:御伽ねこむさん
3月22日(日)一夜限りの限定公演として映画/舞台「世界で一番美しい死体~天狼院殺人事件~」が豊島公会堂でおこなわれる。

池袋にある話題の書店「天狼院書店」が企画・原作に携わっており、映画/演劇の同時上映という珍しい方式が採用される本作品。

映画にはコスプレイヤーとしてネット上でも話題の御伽ねこむさんを起用。有名レイヤーとして、その愛くるしいビジュアルと、尖ったキャラクターでコスプレシーンを牽引する御伽ねこむさんがどのような演技を見せるのか、期待が集まっている。

新感覚の本屋・天狼院書店が制作する映画/舞台

「世界で一番美しい死体~天狼院殺人事件~」は、同じテーマを掲げて制作された映画/演劇から成る2作品。

映画と舞台、それぞれが一つの作品として独立して完成されているものの、その「2作品を同時に見たときの化学反応は凄まじい衝撃になる」と喧伝されている。

ストーリーは、ネット上を騒がせる一枚の写真「世界で一番美しい死体」を巡り、実在する天狼院書店を舞台としたミステリーになるという。

今回の映画/演劇は、新感覚の本屋として、椅子やテーブル、こたつを解放し、自由に店内で本が読めるといった試みにはじまり、「天狼院BOX」という客が自由に棚をつくれるエリアや会費を払うことで入会できる「部活」というコミュニティ施策やニコニコチャンネルの開設など、様々な試みを続けてきた天狼院書店の新機軸となりそうだ。

「映画の制作と劇団の立ち上げは宿命づけられたものだった」という天狼院書店がどんな物語を展開させようとしているのか、必見。チケット等の詳細は公式サイトをチェックだ。

※一部事実と異なる表記がございました。謹んでお詫び申し上げます。

引用元

御伽ねこむ起用! 本屋 天狼院書店が映画/舞台を制作 

関連記事

演劇集団・範宙遊泳が五感の先に挑戦! 山本卓卓の「演劇論1」上演
元BiSテンテンコが舞台初挑戦! 快快の新作『再生』がやばそう
人気アイドルが大集結 「世界の終わりのいずこねこ」舞台裏潜入レポート

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP