ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

広瀬すず 初主演ドラマの視聴率に関係者が一喜一憂する事情

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 雑誌の表紙、駅の広告、テレビCMとその姿を見ない日はない広瀬すず。男女どちらからも人気を集め、同年代からお年寄りまで幅広く好感度が高い彼女が取り組んでいる初めての主演連続ドラマ『学校のカイダン』だが、その評判をめぐって関係者はいま、一喜一憂しているという。

「初回の視聴率が9.0%と一桁スタートでしたが、その日は裏番組にSMAPの稲垣吾郎と香取慎吾が登場した『人志松本のすべらない話』の10周年記念番組があったので苦戦は予想の範囲内でした。『すべらない話』は15.2%でしたからね。でも、広瀬さんへの注目度と、ドラマの面白さを考えたら視聴率もしり上がりになると信じています」(日本テレビ関係者)

 強力な裏番組もあって視聴率としては厳しいスタートとなったが、第2話で10.6%と二桁に乗り関係者は一安心したという。ところが、翌週の第3話では再び8.4%と一桁へ。ここはこらえどころと待った第4話は第2話と同じ10.6%に戻した。これから二桁をキープするかと願った第5話は、残念ながら8.7%にとどまった。

「子どもや十代の支持はとても熱い。徐々に大人も取り込んでいるから数字は最終回へ向かってよくなっていくはずです。毎回、最後に広瀬さん演じるツバメが学校を変えるためのスピーチをするのですが、その長セリフが評判になっています。演技の経験がまだ少ないので決してうまいとはいえませんが、10ページを越える長セリフを懸命に演じる初々しさがツバメのけなげさと重なって、思わず応援したくなりますよ」(日本テレビ制作局スタッフ)

 同じ土曜21時の時間帯といえば、前番組は関ジャニの丸山隆平が主演した『地獄先生ぬ~べ~』で、平均視聴率10.16%だった。なんとかその数字には近づけたいのだろう。

「日テレの土曜9時といえば『ごくせん』や『妖怪人間ベム』などを放送してきた枠です。皆がテレビを見なくなったとはいえ視聴率二桁は欲しいところでしょう。飛ぶ鳥を落とす勢いの今の広瀬すずの初主演ドラマならもう少し期待していたのが本音のはず。いまは彼女の汚点とならないよう、これ以上、低い数字は絶対につけられないと関係者は内心焦っているんじゃないですかね」(テレビ番組制作会社スタッフ)

 2012年に雑誌『セブンティーン』の専属モデルオーディションに合格しモデルデビュー。ゼクシィのCMで披露したウェディングドレス姿が評判となり、JR SKI SKIのキャンペーンガール、全国高等学校サッカー選手権の10代目応援マネージャー、ロッテのバレンタインCMと広瀬すずはアイドルの王道を歩んでいる。唯一の懸念が、初主演ドラマの視聴率なのだ。

「かわいくて人気はあっても“低視聴率女優”のレッテルをいったん貼られてしまうと辛いですよ。一年前にJR SKI SKIのキャンペーンガールだった川口春奈は低視聴率を使って自虐ネタにするようになってアイドルの雰囲気まで薄まってしまった。すずちゃんの場合、アイドルとしてのポテンシャルが高いのでそこまで落ち込むことはないでしょうが、初主演ドラマは華々しく最高視聴率15%くらいとれるといいですね」(放送作家)

『学校のカイダン』は、言葉の力で主人公のツバメが学校に革命を起こす学園ドラマ。これから最終話へ向けて、後々まで語り継がれるような結果を残せるか注目だ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジTV 大晦日に数字不振のアイアンシェフで勝負の局内事情
ドラマ視聴率 月9も水10も日9も「10%超えがやっと」の現実
『あまちゃん』後番組の杏 重圧で倒れることをスタッフ心配

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。