ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

石坂浩二 「自分と役柄の違い」を認識して演じる重要性語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1969年の大河ドラマ『天と地と』で主演した石坂浩二は、殺到する時代劇の出演依頼を断り、TBSドラマ『ありがとう』でヒロインの恋人役を演じた。大人気番組となったホームドラマ出演で知った演じる難しさについて語った石坂の言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。

 * * *
 石坂浩二は1969年のNHK大河ドラマ『天と地と』に主演、上杉謙信に扮した。

「これは非常にプレッシャーがありましたね。というのも、前の年の大河が不調だったらしく、『これが最後になるかもしれない』とまず言われたんですよ。『もし視聴率が悪かったら、これで大河が打ち切りだ』と。記者会見でも記者の方たちにそればかり言われてムカムカしてきました。

 父親役を滝沢修さんが演じていて、ちょうど滝沢さんが亡くなる場面と、僕が初めて登場する場面が重なっていたのでスタジオでお会いすることはなかったのですが、稽古場でご一緒になりましてね。『俺はそろそろ死ぬからな。お前、しっかりやれよ』って、またプレッシャーをかけてくるんですよ。

 そういうプレッシャーの中でなんとかやらなければ、という意気込みで臨んだ作品です」

 石坂は1970年に始まるTBSドラマ『ありがとう』に、水前寺清子扮するヒロインの恋人役で出演している。石井ふく子プロデューサー、平岩弓枝脚本による本作は、視聴率50%を超える大人気番組となった。

「『天と地と』をやった後で時代劇の依頼が目茶苦茶来たんですよ。でも、僕は専門職の俳優になりたくなかったから、全て断って『ありがとう』に出ました。上杉謙信とは正反対の役ですから、面白いと思ったんです。

 最初の頃は評論家や新聞記者に散々に言われました。物凄い視聴率を出した次の日の新聞では『世も末だ』とか書かれましたから。それでも平岩さんは『ホームドラマと言ってしまうと簡単に思えるけど、人間が毎日生きていることは大変なことなんだと分かってもらえればいいのよ』とおっしゃっていました。

 テレビドラマというのは毎週放送されるので、観ている方たちが劇の中に入り込んできて、テレビの世界がご近所さんのように思えてくる。両隣に誰が住んでいるか知らなくても、テレビの中の家族構成は知っているようになるわけですから。

 それを演じるのは難しい。リアルに演じようとすると、どんどん役から離れて自分自身になってしまう。ですから、その境目を作るのが大変でした。時代劇でしたら、鬘を付けてメイキャップしていただいているうちに段々とその気になって役にも入りやすいんですが、現代物、特にホームドラマの場合はそうはいきませんからね。

 結局、『この役のセリフは自分が普段しゃべっているのとは違う言葉なんだ』と認識しないと、まずダメです。セリフが言いにくいから変えたりとか、自分なりの言い回しにしたりすると、ますます混乱してくるんです。

 ですから、大事なのは普段の自分とは違うところを見つけていくことです。『自分だったらこんなことしない』ということをあえてやる。それをリアルじゃないからと抗議する役者さんもいます。『ここでこんなことを言うのはおかしいでしょう』と。でも、そうじゃないんです。僕は『この役は、そういうことをやる人間なんだ』と思うようにしています」

●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(文芸春秋刊)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮新書)、『時代劇ベスト100』(光文社新書)ほか。責任編集をつとめた文藝別冊『五社英雄』(河出書房新社)も発売中。

※週刊ポスト2015年2月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
韓流時代劇にハマり廃人寸前の漫画家が語る「ここがツボ!」
ベアトップ姿の矢田亜希子32歳 “魅せる瞳”を撮り下ろし
今年は時代劇の当たり年 魅力は「現実逃避」と「爽快感」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP