ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

恐山のイタコ介し生みの親と育ての親に会った体験を医師語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 特別に強い信仰心はなくても、なんとなくあの世や霊的な存在を信じている人は少なくないだろう。信心深くないと告白するベストセラー『がんばらない』著者で諏訪中央病院名誉院長の鎌田實氏が、青森の恐山でイタコを介して生みの親と育ての親に会った体験について語った。

 * * *
 僕は特別な宗教を持っていない。信心深くはないが日本ではよくある仏教徒である。神社に行っても教会に行っても、お寺に行っても、それなりの思いで手を合わせる。頭も下げる。それはひょっとすると、生きていることへの感謝のようなものかもしれない。

 昔は「病院の経営がうまくいきますように……」とか「自分の書いた本が売れますように……」とか、ご利益をおねだりした時期もあった。が、今は一切しなくなった。ただ生きていることに感謝をして手を合わせるだけだ。

 魂とか霊の存在は信じていないが、目に見えない“大いなるものの力”が存在すると感じたことはある。産んでくれた父と母は、わけあって僕を育てることができず、手放した。

 そして2歳少し前で、僕を拾ってくれる夫婦が現れた。貧乏な夫婦で、さらに母親になってくれた人は重い心臓病を抱えていた。2つの困難があるにもかかわらず、自分の息子として育ててくれた。

 18歳になったとき、大学進学を巡って養父と対立した。「行きたい」とお願いしたが「バカヤロー」と怒鳴られ、咄嗟に僕は父の首を絞めた。人生の修羅場──。

 そのとき、どこからか「やめろ」という声が聞こえた。それが何だったのか、どこから聞こえてきたか、分からない。しかし、そのひと声でハッと我に返った。

 紙一重だった。あの声がなければ、僕は命の恩人を殺していた。初めて大いなるものの存在を感じた瞬間だった。

 それから生き方が変わった。育ててくれた父と母に感謝した。しかし、二人が亡くなる前に「ありがとう」と言えなかった。それがずっと心に引っかかっていた。

 僕は“あの世”なんて信じていないのに、青森県の恐山に行き、イタコに会った。家庭の事情を説明すると、まず実の父に会いなさいといわれた。

 イタコが父の霊を下してくれた。

「お前が来るのをずっと待っていた。ずっとずっと心配していた。愛している」

 そう言われると本当のような気がした。実父のことはまったく覚えていないが、それでも会えてよかったと思った。

 次に育ての父がこういった。

「心配するな、オレはあの世で幸せだ」

 これにも不思議とほっとした。すべてはこの世が勝負だと思っているが、命は今生きている人たちの横のつながりだけではなくて、縦のつながりも大事であることは間違いない。

 自分を生んでくれた父と母。その上に会ったことのないじいちゃん、ばあちゃん。その上に次々と自分の祖先がつながっていく。

 さらに辿れば、700万年前にアフリカのサバンナに誕生した人類の祖先に、総ての人類は必ずつながっていく。命はつながりの中で守られてきたのだと感じて、心が少し楽になる。現世で憎み、殺し合う人も、人は総て同じところにつながっているのだ。それが分かれば、もう少し他者にも優しくなれると思う。

※週刊ポスト2015年2月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
失敗しないダイエット スポーツジムの「夫婦割」が狙い目
被災地住民「一人の親友より沢山の友人が必要だと気付いた」
ヨン様 いまでも会見に650人の日韓報道陣集める力

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。