ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヒロミについて調べてみた!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


2月12日にテレビ朝日で放送された「徹子の部屋」にヒロミが出演し、黒柳徹子に、かつて「うるせえな、ババア」と暴言を吐いたことを謝罪した。最近、またテレビに出演することが増えてきたヒロミ。子供たちは、ヒロミについてどれだけ知っているのだろうか・・・?

Wikipediaによると・・・ヒロミ(1965年2月13日 – )は、日本のお笑いタレント、司会者、ラジオパーソナリティ、実業家、トライアスロン競技者(トライアスリート)。株式会社ビィーカンパニー代表取締役社長。本名、小園 浩己(こぞの ひろみ)。東京都八王子市出身。プロダクション人力舎を経てビィーカンパニーに所属(マネジメント業務は田辺エージェンシーが担当した後、2008年からはプロダクションノータイトル)。妻は歌手でタレントの松本伊代。血液型A型。

そこで、最近テレビを見始めた子供たちのために、ヒロミについてちょっと調べてみたので紹介する。

■秘密の倉庫には大量のオートバイや車!倉庫には、オートバイ(1976年式 HARLEY DAVIDSON カスタム仕様)、(1972年式 SUZUKI GT750)、(1975年式 HONDA CB400Four /16歳の時に乗っていたものをきれいにして持っている。)、トライアスロン用ロードバイクや車などが沢山しまわれている。妻・伊代はバイクなどを、伊代にも黙って買う。伊代は、新婚の時に驚いたが今では麻痺してしまって慣れてしまった。
■庭いじりはヒロミの役目!?庭の植物にはいつもヒロミが手入れや水をまく。また、庭の水辺では、ヒロミがメダカを飼っている。(2012.10.14 NTV「おしゃれイズム」)
■甘えるときは「ママちゃん」呼び!普段は「ママちゃん、ママちゃん、早く来て~」「ママちゃん、ちょっとここに座って(とひざ枕を要求)」他にも「ママちゃん背中かいて~」など、赤ちゃん言葉で甘える。また、妻・伊代は朝になるとヒロミに「パパ、今日は何して遊ぶの?」と聞いてくるので「俺は大人だっつの」と返す。(2013.6.26 CX「ホンマでっか!?TV」)
■愛情表現は今でもちゃんとする!愛情表現はちゃんとするので、お出かけのチューなどもも時々だが、するときは全然する。(2012.10.14 NTV「おしゃれイズム」)
■母の日には1万円の花束!毎年母の日にはヒロミは近所の花屋さんに一人もしくは子供と一緒に花を買いに着ている模様。カーネーションだけではなく、いろいろな花をアレンジした花束で1万円ほどのものをプレゼントしているそうだ。(2005.5.31 「女性自身」)
■万馬券で買った結婚指輪!ヒロミは松本に1.5カラットの結婚指輪を贈った。結婚指輪資金については「競馬で万馬券を当てて買った」と発言している。(1994.3.15 「FLASH」)
■照れ屋で「コンニャク」とあだ名をつけられた小学生時代。ヒロミの出身校八王子市立元八王子小学校時代の担任は「すごく可愛い子だった。みんなから「コーヤン」と呼ばれていた。とても照れ屋でいつもクニャクニャしていたので「コンニャク」とあだ名をつけた。休み時間にはなぜか膝の上に(担任の)ボンっと乗ってくるこどもだった。」(1994.4.28 「女性セブン」)
■不良にあこがれていた少年時代。今現在の自分と子どもの頃の自分は同じではないが、遊ぶということの中には、バイクも、タバコもあり、早く大人になりたかったって気持ちがあった。不良にあこがれている部分はあった。(「OCNジャーナル」)
■不登校友人を更正させた!中学時代に出席日数が足りなくなりそうな同級生を、ヒロミは学校近くに住んでいながら、20分離れた同級生の家まで毎朝迎えに行って更生させた。高校時代担任によると、ヒロミは高校入学当初は同じクラスのツッパリ5~6人とつるんでいた。
■内臓破裂!九死に一生をえた交通事故!ヒロミ19歳のとき。友人二人と夜に肝試しをした帰り道に高尾街道を時速130キロで走行していた。当時雨も降っておりカーブを曲がりきれず道路から3メートル下の田んぼに突っ込んだ。一緒に乗っていた二人は足の骨折で済んだが、ヒロミは内臓破裂。奇跡的に一命を取り留め2ヶ月で退院した。(1994.4.28 「女性セブン」)

(written by けいぼう)

【Nicheee!編集部のイチオシ】8.6秒バズーカーとSEKAI NO OWARIの共通点とは?
「炎上」の元祖って誰??
「ダウンタウンのごっつええ感じ」で印象に残っているコントや企画は?

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP