体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NICO Touches the Walls、念願の初Billboard Liveを開催

NICO Touches the Wallsが2月4日に発表した初のアコースティックアルバム『Howdy!! We are ACO Touches the Walls』のリリースを記念して、2月12日に初のBillboard Live TOKYO公演を開催した。

2月12日(木)@ビルボードライブ 東京 (okmusic UP's)

Billboard Live公演はラグジュアリーな空間の中で、食事やドリンクを楽しみながらアーティストの生演奏が楽しめることが魅力。ステージのうしろに広がるきらびやかな夜景も手伝って、ライブハウスとは異なる雰囲気が場内に漂う。そんな大人な会場を舞台にNICOの面々は、Billboard Liveでは定番の1日2回公演に挑戦。ときに繊細で柔らかな、ときにアグレッシブなアンサンブルでオーディエンスを酔わせた。なお1stステージは緊張していたというメンバーだが、2ndステージでは程よくリラックスしたムードに。また2ndステージは「Howdy!! We are ACO Touches the Walls」購入者を対象に生中継も行われ、全国各地のファンが4人の熱演を見届けた。

2ndステージの開演時刻の21:30を迎えると、カウボーイ風の衣装に身を包んだメンバーが順番にステージに姿を見せる。ライブの始まりを告げたのは光村龍哉(Vo, G)の「Howdy!」という威勢のいい挨拶。これを合図に4人は「Howdy!! We are ACO Touches the Walls」からの楽曲を次々と届けていった。メンバーはそれぞれの担当楽器を弾きつつも、楽曲によっては4人全員でドラムセッションを展開する“クアトロドラム”に挑戦したり、ブルースハープを吹いたり、レインスティックを鳴らしたり、グロッケンを叩いたりと大忙し。これまで発表してきた楽曲を“ACO Touches the Walls”バージョンとしてオーディエンスの目の前で再構築し、そのよさをライブハウス公演とは違う形で伝えていく。

昔から足しげくBillboard Liveに通っていたという光村は、同会場のステージに立てる喜びをMCでも爆発させる。「記念すべき初のBillboard Liveで、僕らの初のアコースティックアルバムの曲ができることになってうれしい」と語り、「せっかくだから恒例行事にしてくれないかなあ」と早くも再演を熱望する。さらに初めての試みを詰め込んだ『Howdy!! We are ACO Touches the Walls』について、「大事に作ってきた曲をみんなの近いところで鳴らす。アコースティックだからできるみんなとの距離の縮め方を意識しました」と解説した。

2ndステージでは計12曲をパフォーマンスした4人。試行錯誤もあった初のBillboard Live公演だったが、さまざまな楽器を手に楽しげにアンサンブルを奏でる姿は観客の笑顔を誘い、最後に光村が「またいつかどこかでACO Touches the Wallsとしてお会いできる日を楽しみにしてます!」と再会を約束すると温かな拍手が響きわたった。

なおNICO Touches the Wallsはバレンタイン当日の2月14日(土)にBillboard Live関西公演をBillboard Live OSAKAにて開催する。その後は企画対バンツアー「ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ フェスト’15」を東名阪で実施。名古屋公演にストレイテナー、大阪公演にUNISON SQUARE GARDEN、東京公演に[Alexandros]を招き対バンを繰り広げる。さらに5月21日(木)豊洲PITより約2年ぶりの全国ワンマンツアー「NICO Touches the Walls TOUR 2015」を開催する。今後の活動をチェックしよう。

アルバム『Howdy!! We are ACO Touches the Walls』
発売中
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2543~2544/¥3,667+税
【通常盤】(CDのみ)
KSCL-2545/¥2,667+税
【完全生産限定盤】(アナログ)
KSJL-6178/¥3,667+税
<収録曲>
01. 口笛吹いて、こんにちは
02. 手をたたけ
03. THE BUNGY
04. 天地ガエシ
05. 夢1号
06. ホログラム
07. 芽
08. Diver
09. Broken Youth
10. ニワカ雨ニモ負ケズ
11. バイシクル

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。