ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android 5.0向け「WebView」アプリのベータ版をGoogle Playストアで配信開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google が Android スマートフォン・タブレットのコアサービス「Android System WebView」のベータテストプログラムを開始し、Google Play ストアを通じてアプリのベータ版の配信を開始しました。WebView は、Android アプリ内に WEB ページを表示する際に、独自のレンダリングエンジンを実装することなく可能にするコンポーネントで、Android 4.4 まではシステムに組み込まれており、Android 5.0 以上は個別アプリとしてプリンストールされています。WebView アプリは一般的な Android アプリのような UI を持たないので、インストールした後は UI で何かの機能を利用することはありません。アプリが Google Play ストアにリリースされ、単体でアップデートできるようになり、機能追加やバグの修正が以前よりも短期間に提供されることに期待されます。今回リリースされたベータ版は正式版の前段階のアプリで、Android 5.0 以上を搭載した端末にインストールできます。アプリは一般公開されていませんが、WebView の Google+ コミュニティに参加するとダウンロードできるようになります。Source : Android Developers Blog


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC、HTCスマートフォンの標準動画プレイヤーをGoogle Playストアにリリース
アプリのクラッシュ率でAndroid 5.0がiOS 8よりも安定しているとの調査レポートが公開
ASUS、2014年はスマートフォン850万台、タブレット940万台を出荷、今年は「ZenPad」を展開予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP