ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中高年の肩の痛み 四十肩でなく「肩腱板断裂」の可能性あり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中高年の肩の痛みは、四十肩や五十肩だと思い込み、体の向きや肘の動きで肩の動きを補い、積極的に治療を受けようとしない。しかし、中には気をつけた方がいい痛みもある。手を上げ下げする向きによって、肩に痛みが走り、力が抜ける、安静にしていても夜に肩が痛む、といった症状は肩腱板(かたけんばん)断裂の可能性がある。

 北里大学メディカルセンター整形外科・肩関節外来の宮島玄陽医師に話を聞いた。

「肩関節の病変は、X線撮影で骨を診てもわからない、筋肉や腱の障害が多いのが特徴です。肩腱板断裂も肩の中の腱が部分的、あるいは完全に切れるのですが、X線画像には写りません。そのため、五十肩と診断されていることも多くあります」

 肩腱板断裂は、40~50代の男性の場合、酔って転び肩を打った、重いものを持ち上げた、肩を強くひねったなどの外傷がきっかけで起こりやすい。60代以上でも、よく起こるが、大半が加齢による変性で、断裂していても無症状ということもある。

「夜間痛や安静痛があるのは、炎症によるものなので、まずはステロイド注射で炎症を治療します。かなり断裂がひどくても炎症が治まるまで、手術はしません。これ以外の痛みは鎮痛剤で痛みを緩和し、リハビリテーションをした上で、手術が必要か決めます。断裂があっても、手術まで必要になる人は、実は多くありません」(宮島医師)

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2015年2月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「野球肩」と言われる肩の強い痛み 放置すると治療は長期化
スポーツによる前十字靭帯断裂 40~50歳代の発症増えている
親知らず抜歯やインプラント治療の神経損傷 早期治療が必要

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP