ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

あの赤ペン先生はどこに!?「デジタル×紙」で学ぶイマドキ小学生の学習法がすごい!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
あの赤ペン先生はどこに!?「デジタル×紙」で学ぶイマドキ小学生の学習法がすごい!

文部科学省と総務省は、ICT(情報通信技術)活用を推進し、2020年にまでに、子ども1人につきタブレットを1台ずつ配布する「1人1台」を目標に掲げている。佐賀県武雄市をはじめ、すでに整備する自治体も相次ぎ、今後は全国的にも波及しそうだ。授業や家庭学習でもデジタル化の流れは、確実に浸透している。

たとえば、昨年2014年に始まった、ベネッセコーポレーションの「チャレンジタッチ」は、学習専用タブレット。紙のノートや教材ではなく、タブレット端末を使うという。

【動画】http://youtu.be/U7QI0QBvvqc

「もはや”赤ペン先生”は過去の産物と化してしまったのか……」と一抹の寂しさを覚える方もいるかもしれない。あるいは、「なんでもかんでもデジタル化してしまうと、書く力が衰えるのではないか?」という懸念を抱く人もいるだろう。

だが、そんな心配は無用だ。「チャレンジタッチ」の学習法は、”タッチペン” を使い、文字や数字を”書く”スタイル。タッチペンで答えを書くと、即座にタブレットが採点してくれる。回答の際には、子どもがやりがちな間違い回答を記入すると、「本当にそれでいいの?」と音声で注意を促してくれるというから驚きだ。

かつて通信講座「進研ゼミ小学講座」といえば、赤ペン先生が紙に手書きで添削してくれたものだった。ほめ言葉や励ましの手書きの言葉が楽しみで、せっせと勉強に取り組んだものだ。

従来、赤ペン先生からの返却は、2週間前後かかっていた。ポストの前で赤ペン先生からのお返事を、首を長~くして待つ子どもたちも多かったことだろう。しかし、「チャレンジタッチ」の場合、紙で提出すると、約3日で添削結果がタブレット上に送られるとあって、返ってくる期間も大幅にスピードアップ、さながら目の前で個別採点してもらっている感覚が味わえる。”ほめてくれる人がいる”という安心感もそのまま、あの赤ペン先生は、タブレットの向こう側に存在するのだ。

もちろんタブレット一辺倒ではなく、必要な学習はきちんと紙で届けている。デジタル化の流れは進みつつあるが、まだまだ学校の授業も手書き重視であり、当然、宿題も手書きである。記述問題をはじめ、紙で学んだ方が効果的なものは、従来通り紙で学習できる。さらに1人では伸ばすことが難しい記述力は、赤ペン先生が個別指導してくれる。

デジタル×紙を融合した「チャレンジタッチ」は、タブレットで学びたい子どもも大歓迎の学習法かもしれない。手に持つのは鉛筆からタッチペンに変わっても、学ぶ喜びを知った子どもたちの笑顔は今も昔も変わらない。

■参照リンク
進研ゼミ小学講座
http://sho.benesse.co.jp/s/touch/

関連記事リンク(外部サイト)

6本マイクと7つの魂がスパークするホットすぎるライヴ・イヴェントが開催!
女優・木村文乃の手料理画像に男性ファンから「まさに完璧」「結婚してください」
元ガンズのスラッシュがBABYMETALについて言及しファンが感激
SKE48松井玲奈が鉄道ファンぶりを発揮 京浜急行の車両について言及、注目を集める
バレンタイン直前!気になる彼を5つのタイプに分類、それぞれの攻略法まとめ

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。