ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ASUS、2014年はスマートフォン850万台、タブレット940万台を出荷、今年は「ZenPad」を展開予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ASUS が「ZenPad」という新たなタブレットブランドを展開する計画であることが同社より公開された 2014 年 Q4 の決算説明用のスライド資料で判明しました。上図は 2015 年のモバイルデバイスの展開予定を記したもので、中央に「ZenPad」と表示されています。ASUS は長らく「MeMO Pad」や「Transformer Pad」ブランドでタブレットを展開していますが、それらは見当たりません。入れ替えを予定しているのでしょうか。ZenFone を推しているので、Zenで統一する流れは自然かなと思います。また、昨年の ZenFone の人気ぶり裏で、スマートフォンとタブレットドックの合体製品「Padfone」は燻っていたように見受けられますが、今年も出すつもりみたいですね。ちなみに、ASUS は 2014 年中に 850 万台のスマートフォンを、940 万台のタブレットを出荷したことも判明しました。Source : ASUS


(juggly.cn)記事関連リンク
ドイツのAmazon.deで「HTC RE」の公式アクセサリーが販売開始、日本にも直接発送してくれます
INFOBAR A03の基本操作や画面の動きを確認できる公式動画が公開
Samsungは既に「Galaxy Tab S 2」を開発中、SM-T710とSM-T810の型番情報が伝えられる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP